切り捨て

全て 動詞 名詞
1,027 の用例 (0.02 秒)
  • 後ろに二十一人を残すだけの信太郎は、それだけで有力な切り捨て候補だ。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • 本部は、血も涙もないほど冷酷に取引先の切り捨てを指示してくる。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』より引用
  • 勝新が裁判に負けたら切り捨てられるけれど、勝ったらやるでしょうね。 野田秀樹『この人をほめよ』より引用
  • 蛇足であると切り捨てられたラストシーンには、なにが書かれていたのか? 野村美月『文学少女シリーズ05 “文学少女”と慟哭の巡礼者』より引用
  • 途中駅では他社と同様に秒単位を切り捨てた形で案内している。
  • 整数部分をそのまま残し、小数点以下を0とする丸めを切り捨てという。
  • 吉田よしだとしては、そう切り捨てて、一切合財いっさいがっさい拒否してしまっても良かった。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第06巻』より引用
  • だから情報が多すぎて計算できないのであれば、重要でない情報は切り捨ててもいい。 機本伸司『神様のパラドックス』より引用
  • きっと姫路さんは少数派の意見を切り捨てたりはできないだろう。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 02』より引用
  • 今この瞬間に彼女は、彼女なりの良心から耕司を切り捨てたのだろう。 虚淵玄『沙耶の唄』より引用
  • 母は、自分の人生から秋生という存在を切り捨てたのではなかった。 山藍紫姫子『堕天使の島』より引用
  • 彼はおそらく意識的に、一切の人間の外面生活は切り捨ててしまったのだろう。 メーテルリンク/鈴木豊訳『青い鳥』より引用
  • 単に切り捨てたり取り払ったりするだけで秩序ができるものではない。 三木清『人生論ノート』より引用
  • 農村切り捨てをほんとうにやろうとしているような気がします。 井上ひさし『コメの話』より引用
  • それから『禁ずべきやり方とわかったものは何であれ切り捨て』はどう? ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • この人間開発の切り捨ては次の世代の国家の経済成長の潜在能力を徐々に蝕む。
  • 單に切り捨てたり取り拂つたりするだけで秩序ができるものではない。 三木清『人生論ノート』より引用
  • その女王レジーナが私の前に出てきたということは、つまりこの場で切り捨てられたいということか? 枯野瑛『銀月のソルトレージュ04 扉なき仮宿』より引用
  • 強い者が世界を制するとし、弱い者はたとえ同族であっても切り捨てている。
  • そのようなことがらを切り捨ててしまえるのは、かれより無能な人間だった。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • 次へ »