切り捨てている

30 の用例 (0.00 秒)
  • それは今まで、僕が自分の未来から、完全に切り捨てていた可能性だった。 虚淵玄『沙耶の唄』より引用
  • 強い者が世界を制するとし、弱い者はたとえ同族であっても切り捨てている。
  • あれはもう赤の他人だ、頼ることはないと切り捨てていただろう。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • だが、彼はなぜか「退屈、想像力のない愚かな作品」と切り捨てている。
  • のみならず、明らかに過去を切り捨てていたのだった。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • 本人はこれを、出鱈目でありとんでもないナンセンスだと切り捨てている。
  • 山鹿などは、そうした身分による格差をはっきりと切り捨てていた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • しかし、万穂子はとうに父を自分の心の中で切り捨てていた。 藤堂志津子『ジョーカー』より引用
  • 生徒を枠にはめて、問題のある生徒は切り捨てていた。 華恵『本を読むわたし ―My Book Report』より引用
  • もともとブラック・ロータスは攻撃こうげき特化型で、防御性能はかなり切り捨てているのだ。 川原礫『アクセル・ワールド 10 -Elements-』より引用
  • 従来のルリであれは、その量を見ただけで、ばかばっかと切り捨てていたに違いない。 九条公人『機動戦艦ナデシコ ルリとアキト熱愛編』より引用
  • しかし講師はジョージがめざしていたシュールレアリスムは古いものだと切り捨てていた。
  • よほど不況ふきょうで、人員整理の必要な企業が、不要な人材を切り捨てているのだ。 赤川次郎『一日だけの殺し屋』より引用
  • 目の前に屹立きつりつする影の柱の存在がなければ、一刀のもとに老魔道師を切り捨てていても不思議はない剣幕けんまくだった。 流星香『プラパ・ゼータ 2 天空の魔法陣』より引用
  • 彼はいつも過去を切り捨てている。 草柳大蔵『実力者の条件 この人たちのエッセンス』より引用
  • 軍令部総長は戦後に潜水艦について何も知らないと述べ、潜水艦出身の司令長官は現場の艦長たちの意見を卑怯と切り捨てている。
  • メディアからロシアの宇宙技術の信頼性の低下を叫ばれる中、一部の専門家は「常に低迷し衰退し続けたロシアが宇宙開発に於いて繁栄したことなど一度たりともなかった」と切り捨てている。
  • そんなものは、おの身命しんめい、存在を惜しむ者の感じる雑念ざつねん、と切り捨てていた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第16巻』より引用
  • 本来異端だったのに一般人気が高まった現象を、似非インテリ受けと切り捨てている。
  • まあ北高でもSOS団なんて立ち上げなければ、あの女は誰彼だれかれかまわず告白の列をバッサバッサと切り捨てていた可能性もある。 谷川流『涼宮ハルヒの消失』より引用
  • 次へ »