切り拓い

156 の用例 (0.01 秒)
  • 山の頂を人工的に切り拓いた峠で、道の両側は見上げるような絶壁である。 鮎川哲也『死者を笞打て』より引用
  • 小高い山を切り拓かれて造られており、元々は別荘地として利用されていた。
  • 山の中腹を切り拓いた住宅地で、なかなかわかりにくい所だった。 梶山季之『朝は死んでいた』より引用
  • ミルグウンの列にみずから切りひらいたすきまに白い犬は立ちはだかった。 クーパー『(闇の戦い3)灰色の王』より引用
  • 私はここでできるだけ自分の道を切り拓かねばなりません。 モーツァルト/服部龍太郎訳『モーツァルトの手紙』より引用
  • 小屋のうしろには森を切りひらいた畑があった。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • 自分で自分の道を切り拓く覚悟が、常に必要なのである。 豊島与志雄『新時代の「童話」』より引用
  • 慎平自身が考えても、今の苦境を切り拓くにはそれが一番よい方法だと思えたのである。 南里征典『成城官能夫人』より引用
  • それから先は、自分で道を切り拓いて進むより外はない。 豊島与志雄『新時代の「童話」』より引用
  • とにかく誰かに相談して、事態を切り拓かねばならない。 南里征典『成城官能夫人』より引用
  • 鋭い痛みと鈍い痛みのコラボレーションが新境地をひらいているような!? 井上堅二『バカとテストと召喚獣 04』より引用
  • しかしまた、いわゆる言語学的な要素のみならず、広い意味での文献学的な研究への道を切り拓いたとも言える。
  • だがしかし、それとてもロックに新しい地平を切り拓くといった性質のものではない。 松平維秋『松平維秋の仕事』より引用
  • アフォーダンスの概念を提唱して生態心理学の領域を切り拓いたことで知られる。
  • 犯人へ至る道は自分で切りひらく以外にない。 森村誠一『高層の死角』より引用
  • そこは砂浜から内陸部へと樹々を切り拓いて作った広場である。 眉村卓『不定期エスパー2』より引用
  • 決して臆さず高ぶらず、運命を自らの手で切り拓いてゆく目だ。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode TWO』より引用
  • 森を切り拓いて造られたちょっとした広場が湖畔にはあり、駐車用に使われていた。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 伝統へ深く沈潜する者こそが新しい地平を切りひらくのである。 細川亮一『ハイデガー入門』より引用
  • 進学は君だけの力で切り拓いた道だ。 菊地秀行『吸血鬼ハンター14 D-妖兵街道』より引用
  • 次へ »

切り拓い の使われ方