切り拓い

156 の用例 (0.00 秒)
  • 標高千メートルくらいのところにある森を切りひらいて作られていましてね。 小池真理子『狂王の庭』より引用
  • 祖父は、いま記念塔の建つ第一地区サイトワンを切り拓いた月植民の一番手だった。 ハインライン『動乱2100』より引用
  • 私が新たに切り拓いた土地なぞ、森の中の小さな池ほどの広さでしかない。 坂東眞砂子『旅涯ての地(下)』より引用
  • 自分がこの領域を切り拓いていく、そんな興奮が利明の胸を高鳴らせた。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • 人生は自分の手で切りひらくものだ、と亡くなった父がよく申しておりました。 早見裕司『メイド刑事02』より引用
  • 我々に、運命を自ら切り拓く力があるなどと思い上ってはいけない。 川又千秋『火星人先史』より引用
  • 運不運を超越し、自らの意志ですべてを切り拓いてきた男の声に違いない。 菊地秀行『トレジャー・ハンター10 エイリアン魔神国 上』より引用
  • これは主に森林を切り拓いてのシャカオの栽培が広がったためである。
  • 「ぎん」では新しい時代を切りひらく女の名としてはいかにも迫力がない。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 彼自身は、独力で、頼るべき研究機関もなく、切りひらいてきた男である。 飯沼和正『あるのかないのか? 日本人の創造性』より引用
  • ここを切りひらいて道にすればラムトラへの貿易も容易になるだろう。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • それに、小さな窓を切り拓いてくれたことだけは確かなんだよ。 小栗虫太郎『黒死館殺人事件』より引用
  • こうして、自分自身の力で、切り拓いて行かねばならないわけです。 宮本百合子『幸福について』より引用
  • 大隈はそれに対して、主として都市中心にその地盤を切り拓いて行った。 松本清張『象徴の設計 新装版』より引用
  • 森を切り拓いて作った畑の土は、長い冬の間に硬く干からびていた。 坂東眞砂子『旅涯ての地(上)』より引用
  • 彼の社会事業は女性の就業への道を切り拓くものでもあった。
  • めいめいが自分の一生を自分で独自に切り拓くべきものである。 坂口安吾『我が人生観』より引用
  • 道を切り拓くにつれて、それが一つの言葉となってゆくのだ。 豊島与志雄『風景』より引用
  • 山を切り拓いたゆるやかな勾配が始まり、バスはそれをゆっくりとのぼって行く。 辻内智貴『青空のルーレット』より引用
  • いったいどうやってパリでは、自分の道を切り拓いて出世して行けると思うね? バルザック/小西茂也訳『ゴリオ爺さん』より引用
  • 次へ »

切り拓い の使われ方