切り抜ける

全て 動詞
407 の用例 (0.00 秒)
  • 熱病だのなんだのという病気を切り抜けさせるのは容易でないんでなあ。 エミリー・ブロンテ/田中西二郎訳『嵐が丘』より引用
  • 私はどうしてこのおそろしい立場から切り抜けたものでございましょう。 横溝正史『山名耕作の不思議な生活』より引用
  • その日を私たちがどのようにして切り抜けたか、ほとんど思い出せない。 モーム/龍口直太郎訳『月と六ペンス』より引用
  • 俺たちは、超常的な力と自分たちの力を合わせ、難局を切り抜けたのだ。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常②』より引用
  • 厳しい戦いになるだろうが、諸君の力なら切り抜けられると信じている。 九里史生『SAO Web 01』より引用
  • みんなで、どうやって切り抜けたんだろうって噂してたんですけどね。 東野圭吾『探偵ガリレオ』より引用
  • それでもまだ冷静さは失わず、かれはこのホールをボギーで切り抜けた。 山際淳司『ダブルボギークラブへようこそ』より引用
  • 自分はその紙一重の境を切り抜けてみせる、と彼は考えていただろうか。 高井有一『立原正秋』より引用
  • 終戦は神戸で迎え、戦後の混乱期は、様々な仕事をしながら切り抜けた。
  • うまくいけば、この絶望の難関を切り抜けることができるかもしれない。 ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』より引用
  • 私は板ばさみになっているわけですが、きっとまた切り抜けるでしょう。 原田義人『変身』より引用
  • いま脳裏にあるものはこの危機をどう切り抜けるかその一つしかなかった。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 私にとっては一つの憂愁を切り抜ける事はいくらかの成長になります。 和辻哲郎『ある思想家の手紙』より引用
  • だから難局を切り抜けるには、自分たちの能力に頼るより手がないのだ。 ドイル/永井淳訳『失われた世界』より引用
  • これを無事に切り抜けたら、おれの髪は真っ白になっているのではないか。 菊地秀行『トレジャー・ハンター08 エイリアン邪海伝』より引用
  • 今切り抜けて来た波瀾はらんの結果はすでに彼女の気分に働らきかけていた。 夏目漱石『明暗』より引用
  • たとえこの倍の数の聖騎士を相手にしても、切り抜けたことだろう。 水野良『黒衣の騎士』より引用
  • どうやってこの事態を切り抜けたらいいのか、ぼくには見当もつかなかった。 原田宗典『どこにもない短篇集』より引用
  • 彼の命をたてにできれば、あるいはこの場を切り抜けられるかもしれない。 今野緒雪『スリピッシュ! 02 ―盤外の遊戯―』より引用
  • ほかの人間が切り抜けられぬ場合でも私なら切り抜けられるでしょう。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(中) 地の果ての燈台』より引用
  • 次へ »