切り抜けられない

13 の用例 (0.00 秒)
  • わたしはのろまで気がきかないものだから、うまく切り抜けられなかった。 ルソー/桑原武夫訳『告白(下)』より引用
  • わたしだって、あの程度のものが切り抜けられない知識しかない人物に用はない。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • 気にしていたらこの状況は切り抜けられない。 奈須きのこ『歌月十夜 34 永継夜』より引用
  • もしこれらが悉く一致して唯一の宗教となっていたならば、右の困難は切り抜けられなかったかも知れない。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • あたし、今度の一件はうまく切り抜けられないんじゃないかって、そんな気が、してたことはしてたんだ。 ギブスン『ニューロマンサー』より引用
  • 御神諭にある通り余程腹帯を締めて居らぬと切り抜けられないときが来るぞ。 出口王仁三郎『三鏡 『水鏡』『月鏡』『玉鏡』 kgm 3 20070907』より引用
  • スパークたちだけでは、とても切り抜けられなかっただろう。 水野良『ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下)』より引用
  • 水夫が遭難の危険を逃れた以上、船長がこの災厄さいやくから無事に切り抜けられなかったという理由があるだろうか? ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(中) 地の果ての燈台』より引用
  • そのシミなるものは、眼を皿のようにして見つけようとしたがムダに終わったのだが、なんとしても、その場を切り抜けられなかった。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(2)』より引用
  • 無論、その覚悟を上回る恐怖を受けた事も何度かあるが、レイチェルとしては決して切り抜けられないものではなかった。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • それから彼は、久しぶりにパリへおもむいて、約八ヵ月ばかり滞在しているあいだに、多くの詩人や作家たちと知りあったりして病気を無視した生活をしたが、けっきょく五十歳前後の危機は切り抜けられなかったのである。 リルケ/石丸静雄訳『リルケ詩集』より引用
  • 彼は一瞬間、なんとか奇策によってこの場を切り抜けられないものか、あるいは秘密の通路によって脱出できないものかと、迷いためらっていた。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • 大きさや形状、能力を変幻自在に変えられる万能の武器で、ちゃんちゃんこがなければ切り抜けられないピンチも数多くあった。