切り抜き

全て 名詞 動詞
751 の用例 (0.01 秒)
  • 机のなかに手を入れると新聞の切り抜きがたくさんあることに気づいた。 池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』より引用
  • 切り抜きの記事は、かれとここの屋敷との関係をかんたんに報じていた。 カー/平井圭一訳『黒死荘殺人事件』より引用
  • もし気がつかないとすると、切り抜きを送ってやったほうがよくはないか。 横溝正史『悪魔の降誕祭 他二篇』より引用
  • ジェームズ卿は机の所に行って小さな新聞の切り抜きを持って戻って来た。 クリスティ/一ノ瀬直二訳『秘密組織』より引用
  • 十津川は、例の五通の手紙と、一枚の新聞の切り抜きを読み返してみた。 西村京太郎『北緯四三度からの死の予告』より引用
  • わたしはテーブルの上に置かれた新聞の切り抜きに視線を走らせた。 和田はつ子『薬師』より引用
  • きっとあまり似ているというので、この切り抜きを取っておいたのだろう。 クリスティ/河野一郎他訳『事故…クリスティ犯罪・怪奇傑作集』より引用
  • アメリカの古い雑誌の切り抜きスクラツプならば、簡単には同じものは手に入らない。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • レスター・リースは切り抜きをポケットに戻し、腹を決めて劇場を出た。 ガードナー/池央耿訳『緋の接吻』より引用
  • 那覇に帰って来ると豊城が新聞の切り抜きを持って小笠原を待っていた。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • 帯の間にはさんだままにしておいた新聞の切り抜きが胸を焼くようだった。 有島武郎『或る女』より引用
  • 電話が終わった水野が隣りに来たので見つけた手帳と切り抜きを渡した。 和田はつ子『薬師』より引用
  • 急いで開けてみると、新聞記事の切り抜きをコピーしたものが入っていた。 阿刀田高『霧のレクイエム』より引用
  • こうなって来るとあの切り抜きを送ったものはあの男に違いない。 谷崎潤一郎『潤一郎犯罪小説集』より引用
  • 三枝の声を聞きながら、彼は、手近にあった切り抜きを手に取ってみた。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • そしてそれは、松井の部屋にあった切り抜きの事件に関係していたらしい。 深谷忠記『長崎・壱岐殺人ライン』より引用
  • それに、あの手紙を作るのに、家の居間で切り抜きをするというのも妙だ。 赤川次郎『哀しい殺し屋の歌』より引用
  • 新聞の切り抜きを貼りつけた手紙など目立つに決まっているのに、です。 赤川次郎『幽霊列車』より引用
  • 雑誌の切り抜きやそのコピーが、赤い糸で互いに縫いつけられてあった。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • 切り抜きの新聞記事は本郷駒込の理化学研究所のことではありませんか? 小酒井不木『紅色ダイヤ』より引用
  • 次へ »