切り抜き活字

9 の用例 (0.00 秒)
  • そのときにちらっと見ると、紙にはこんな文章が切り抜き活字をならべて貼ってあった。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • 明君と純子さんの家へまた切りき活字をった手紙を投げみます。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • 明君は切り抜き活字を貼った手紙を純子さんに見せながら言った。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • 切り抜き活字を貼った手紙を二読も三読もしてから、明君が深々と溜息ためいきをついた。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • これなら、おれたちの計画どおりに、明君は純子さんを連れてかけ落ちしてくれるにちがいない、とおれは思いながら、ファスナーを四、五糎引きおろし、そこからかねて用意の、第二の切り抜き活字の手紙をそっとさし出した。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • おれはファスナーを十センチほど引きおろし、そこから例の切り抜き活字を貼った手紙を差し出した。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • おれはまたファスナーを十糎ほどおろし、その隙間すきまから、シローの作成になる切り抜き活字の手紙を差し出した。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • 二人がうなずきわして、車から出ようとしたとき、シローがおれの鼻先に切り抜き活字をった紙をかかげた。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • ディレクター女史が、切り抜き活字を貼った脅迫状を拾いあげた。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用