切り包丁

133 の用例 (0.00 秒)
  • 肉切り包丁などという単語をどうやってきくことができたのだろうか? バローズ/関口幸男訳『栄光のペルシダー』より引用
  • 伸子は台所へ走って行くと、先のとがった肉切り包丁を手に戻って来た。 赤川次郎『悪妻に捧げるレクイエム』より引用
  • ベッドのわきのテーブルに、尖った肉切り包丁が置いたままになっている。 赤川次郎『黒い森の記憶』より引用
  • 手に手に持った肉切り包丁や鉄串てつぐしなどで、背後から恭子を突いたのだ。 北沢慶/山本弘/友野詳『妖魔夜行 暗き激怒の炎』より引用
  • 急いで台所へ行くと、肉切り包丁を手にして戻って来る。 赤川次郎『黒い森の記憶』より引用
  • 片手にはランタンを、一方の手には肉屋の肉切り包丁のようなものをもっています。 ドイル『技師の親指』より引用
  • まるで悪魔のたぐいに体を支配されたがごとく、少年は台所へ行って肉切り包丁をつかんだ。 ダン・ブラウン『ダヴィンチ・コード(上)』より引用
  • 若宮の肉切り包丁が、重たげな音をたでてゴルゴーンの背を切り裂いた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 12 山口防衛戦』より引用
  • 肉切り包丁や登山ナイフが殺人に使われたときに初めて凶器となるように、である。 三好徹『狙撃者たちの夏サミット・コンフィデンシャル』より引用
  • 肉切り包丁を、またマットレスの下へ押し込んで、老人は起き上った。 赤川次郎『黒い森の記憶』より引用
  • その手に握られた肉切り包丁は、赤ペンキにでもひたしたかのように血で濡れている。 片山憲太郎『紅 第02巻 ~ギロチン~』より引用
  • 調理台のまな板の上には、大きな肉の塊と肉切り包丁があった。 秋元康『着信アリ2』より引用
  • 銃と肉切り包丁との対決が特別な注意をひきつけたんだな。 ハインライン『愛に時間を2』より引用
  • 手には刃渡り二十センチばかりの肉切り包丁が握られている。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • 思いきってくりやから菜っ切り包丁を持ち出し、髪の根もとに手をかけた。 杉本苑子『今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • 次の日の朝、篠原は内切り包丁を鞄に潜ませて勤め先の高校へ来た。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • だから、その肉切り包丁をしまって、患者の命を救うのはわたしにまかせてくれ! ロッデンベリイ『スター・トレック4/故郷への長い道』より引用
  • 肉切り包丁を突きたてるのとよく似た残忍さで、自分のものを女たちの股の間に突きたててきた。 森瑤子『渚のホテルにて』より引用
  • フェネラは鉢の上で肉切り包丁を振りながら、次第に嬉しそうな顔になっていった。 D・W・ジョーンズ『わたしが幽霊だった時』より引用
  • 肉切り包丁による殺人の翌日、彼らはジェネヴェの村から南五〇キロの荒野まで接近していた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター15 D-魔戦抄』より引用
  • 次へ »

切り包丁 の使われ方