切り出してくる

20 の用例 (0.00 秒)
  • 挨拶に行くと二人は「ウチのところでもやってくれ」と切り出してきた。
  • それでも空々が言葉を探していると、花屋のほうが先に切り出してきた。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • なあんていきなり切り出してくるものだから、ぼくは大いに面食らった。 原田宗典『はたらく青年』より引用
  • しかし訝しんだ父親が本当の恋人ならばキス位できるだろうと切り出してくる。
  • とても、そんなことを切り出してくる女性のようには見えない。 津村秀介『湖畔の殺人』より引用
  • それは牛の群を牧舎へつれ帰る路であり、冬にはたきぎを切り出してくる路でもある。 モンゴメリ/中村佐喜子訳『赤毛のアン』より引用
  • ここまで孫権が切り出してくると、〓芝はわがものだと胸のうちで確信をもった。 吉川英治『三国志(七)』より引用
  • いつ、話を切り出してくるのか、愛は考えていたに違いない。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • 開き直ったかのように、羽川のほうからそんな風に切り出してきた。 西尾維新『猫物語(黒)』より引用
  • リングローズも相手がこう切り出してくるとは予想もしなかったが、驚いたふりはしなかった。 フィルポッツ/井内雄四郎訳『闇からの声』より引用
  • こちらが口を開くより早く、有彦の方から用件を切り出してきた。 奈須きのこ『歌月十夜 51 狂月夜』より引用
  • しばらく歩いて出たT字路で、守君が「じゃあ」と切り出してくる。 葵せきな『生徒会の日常 碧陽学園生徒会黙示録1』より引用
  • 篠原さんはすぐに表情を引き締め、そしてこう切り出してきました。 吉村達也『時計』より引用
  • 運ばれてきたカクテルに形式的に口をつけたあと、いきなり有紀がそう切り出してきた。 吉村達也『スイッチ』より引用
  • 「それはいい」とか呟いてから、若干唐突な依頼を切り出してきた。 入間人間『電波女と青春男 第02巻』より引用
  • 偶然みたいな顔をして、ああそういえばというふうに、何気なく話を切り出してくるのです。 尾克彦『父が消えた 五つの短篇小説』より引用
  • 近所の山から切り出してきた石で城壁が造られていて、やっぱり石で家や道も造られています。 時雨沢恵一『キノの旅 第06巻』より引用
  • 山から切り出してきた石をそのまま使ったように見える、荒削りの灰色の石のベンチである。 小池真理子『狂王の庭』より引用
  • 彼女の向かいに腰を下ろすと、相手はこう切り出してきた。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第05巻』より引用
  • 木材や石材については当然、この付近の山から切り出してきて利用したものも多かったに違いない。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用