切り出した石材

7 の用例 (0.00 秒)
  • 街は完全に破壊され、切り出した石材を使ってその上にメキシコシティが築かれた。
  • 工事は全てを切り出した石材で港を構築した。
  • がれかけた芝生の隅には、無造作に切り出した石材や木材が積み上げられていた。 三雲岳斗『旧宮殿にて』より引用
  • そして、あらたに切り出した石材は、今夏、江戸まで運ばれたが、直接に江戸城へ送り込むのを避けて、池田家江戸屋敷へ移して、いまもなお、動かさずにいるのであった。 柴田錬三郎『嗚呼 江戸城(上)』より引用
  • 三代家光の時世になってからは、例えば、備前池田家のように、自領内から切り出した石材を、海上運搬するのも、江戸で陸揚げして、普請場まで運ぶのも、そして、石垣施工も、すべて、自家が負担するようになっていた。 柴田錬三郎『嗚呼 江戸城(上)』より引用
  • 切り出した石材を加工した川原の加工場が、石屋川であり、そこで加工した石材が御影浜から積み出されたため、御影石の名称が生まれた。
  • パルテノン神殿建設への支出明細が一部残っており、それによるとアテナイから16km離れたペンテリコン山から切り出した石材が使われて、アクロポリスまでの運送に多額の経費が掛かった。