切り出した木材

11 の用例 (0.00 秒)
  • ここで切り出した木材や加工した炭など産物は平嶋公方家の重要な資金源の一つであった。
  • かつて林業が盛んであった頃は、近隣の山林から切り出した木材の積み出し駅であった。
  • かつて、林業が盛んであった頃には近隣山林から切り出した木材の積み出し駅であった。
  • 滝の名称である「インクラ」とは、この地に切り出した木材を運ぶインクライン設備があったことに由来する。
  • 江戸時代から信達地方は国内有数の養蚕地であり、現在の花見山公園を所有する阿部家も養蚕を家業とし、また、山から切り出した木材の販売もしていた。
  • 自分達の食べる食料を栽培し、羊を育て、毛織物を織り、周辺の森から切り出した木材で建物を建て、家具や道具を作った。
  • 切り出した木材を滑らせて運搬するための枕木が敷き詰められた道をスキッド・ロードと呼び、この単語がそこで働く労働者や生活する街を指す意味合いに転じたものがスキッド・ロウである。
  • 木こりと武装勢力とは、アナポリス川上流の森林へと送られ、切り出した木材でいかだを組んで下流に流した。
  • 明治時代後期には御料林から切り出した木材をまとめた筏や丸駒温泉や観光地へ向かう小船が、昭和時代になると恵庭鉱山や千歳鉱山から産出した鉱石を搬出する鉱石運搬船が加わった。
  • 慶長年間に松前藩により「石狩場所」が設けられて以来、石狩は漁業や蝦夷との交易の中心地として栄えた、また内陸部で切り出した木材を道外へ運ぶための木場も設けられるなど、江戸時代の石狩は石狩川流域地域との中継点として重要な役割を果たした。
  • ゾルバの発案で建設された、森から切り出した木材を山から滑り下ろすケーブルは、竣工式での試運転で倒壊する。