分類

全て 名詞
31,897 の用例 (0.02 秒)
  • どうも人間たちはすぐものごとを分類して名前をつけたがるらしいわね。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • 公安の方の分類からいえば単なる一般の民間人と同じということになる。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く』より引用
  • 成程そのような分類によって諸学問の一応の配列は与えられるであろう。 戸坂潤『科学方法論』より引用
  • ユフィンリーにしてみればもうすっかり過去に分類されていた出来事だ。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • どういう風になっているかを分類すると次のようなことになるだろう。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • お前と彼女たちだって充分に超自然現象に分類されるんじゃないのか? 谷川流『涼宮ハルヒの溜息』より引用
  • 頭には無数の観念がいているが、その分類はまだ行なわれてはいない。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • さて如何にして破壊するかというに、その主要なる分類をやってみたい。 西脇順三郎『PROFANUS』より引用
  • ホストクラブと一口に言っても、営業時間を基準に三種類に分類される。 森村誠一『棟居刑事の悪夢の塔』より引用
  • かなり大ざっぱな分類だが、外国へ出た日本人には二つのタイプがある。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • これらの結晶初期を三種類に分類して簡単な説明をすれば次の如くである。 中谷宇吉郎『雪』より引用
  • 症状を分類するのはすぐできるけど、あらわれかたはぜんぜん違うしね。 石田衣良『反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク5』より引用
  • というふうに人間を分類することからして間違っているのではないか。 青木雨彦『男の日曜日』より引用
  • そこでね、研究を重ねた結果、誰を見たってどっちかに分類できるのさ。 福永武彦『加田伶太郎全集』より引用
  • その不潔な行列を指導する者も明らかに、彼らを分類してはいなかった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • さういふことは、目録の分類の仕方に依つて利益を得ることがあります。 内藤湖南『支那の書目に就いて』より引用
  • その瞬間、心の中で分類不可能なまでに混沌こんとんとなった感情が荒れ狂った。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 土地によると二つの型がはっきりと分類されていて面白いと思う。 宮本百合子『二つの型』より引用
  • それ故解析的方法によっては幾何学を本質的に分類することは出来ない。 戸坂潤『幾何学と空間』より引用
  • 射程は軽く五十メートルを超え、明らかに遠隔攻撃えんかくこうげきに分類されるだろう。 川原礫『アクセル・ワールド 04 -蒼空への飛翔-』より引用
  • 次へ »