分身現象

7 の用例 (0.00 秒)
  • もっとも修道院内での分身現象はイヴォンヌが修道院長になってからはほとんど報告されていない。 竹下節子『パリのマリア』より引用
  • この分身現象を分析することから、『峠』の基本的構成がさらに明らかになるはずである。 今村仁司『「大菩薩峠」を読む ―峠の旅人』より引用
  • 分身現象のなかの等質化傾向は、群衆の傾向なのである。 今村仁司『「大菩薩峠」を読む ―峠の旅人』より引用
  • 実際のところエミリーの分身現象は、かなり早い時期から頻繁に起こったらしく、十六歳から三十二歳までの十六年間にすでに実に十八の学校を「遍在」のせいで解雇されていたということが明らかになった。 竹下節子『パリのマリア』より引用
  • みんなのオーラ・パワーがあってオーラ・ロードがひらかれたのならば、あの分身現象だって、そんなことと関係があるかもしれない。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 07 東京上空』より引用
  • スタンリー・クリップナーはこういうホログラフィックな実在のモデルをつかって超常知覚や、瞬間移動や分身現象を理解できるのではないかと考えた。 竹下節子『パリのマリア』より引用
  • この観点から『峠』を読むと、予想をこえるほど多くの分身現象に出会うことができる。 今村仁司『「大菩薩峠」を読む ―峠の旅人』より引用