分身たる

22 の用例 (0.00 秒)
  • 彼らは皆、分身たるアバターを喪失する覚悟で助けにきてくれたのだ。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • 冒険は順調に進み、画面の中で、彼らの分身たる存在はだんだんとたくましくなっていった。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第07巻』より引用
  • その人の分身たる子供がやがて不良性を発揮してその偽善のマスクを引き剥ぐものである。 出口王仁三郎『三鏡 『水鏡』『月鏡』『玉鏡』 kgm 2 20060303』より引用
  • まず、プレイヤーの分身たるキャラクターを作成する。
  • プレイヤーの分身たるキャラクターは、いわゆる妖精をモチーフにした九種族から選択できるようだった。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • 放埒な遊びをして帰ったときなど、わたしの分身たるハイドの犯した邪悪な行為こういを思って慄然りつぜんとしたことが一再ならずあった。 スティーヴンスン『ジーキル博士とハイド氏』より引用
  • そして、レンリの神器・比翼と同じように己と友の分身たる二本の剣を操り、凄まじい力を発揮して数万の敵軍を滅した。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • その上わたしは、自分の書体を右下がりにして書いてそれを分身たるハイドの署名の書体にしておいたから、こうしておけば災厄さいやくの手の届かない安全地帯にいるも同然だと考えたのであった。 スティーヴンスン『ジーキル博士とハイド氏』より引用
  • 想うにこの文を読むものは予にむかって、汝は汝の分身たる鴎外の死んだのを見て、奈何いかんの観をすかと問うであろう。 森鴎外『鴎外漁史とは誰ぞ』より引用
  • ただ彼の分身たるうつろが彼の代役を果した。 山田風太郎『忍法鞘飛脚』より引用
  • 祖先がおもひに堪へずして吐露した詞語が、祖先の分身たる吾等に親しくないとは吾等にとつて虚偽である。 芥川竜之介『僻見』より引用
  • その瞬間、ゴーレムの後ろからアドミニストレータの攻撃術が降り注ぎ、分身たる両者の力の均衡を崩してしまうだろう。 九里史生『SAO Web 0405 第七章02~転生Ⅱ』より引用
  • プレイヤーは「デビルバスター」となり、自分の分身たるキャラクターを作成して、悪魔召喚プログラムを使い、敵として出現する悪魔を交渉で「仲魔」にし、共に戦っていく。
  • それぞれの分身たる、対戦用の〈デュエルアバター〉へと。 川原礫『アクセル・ワールド 02 -紅の暴風姫-』より引用
  • これも両面スクナと同じであって、攻撃される方とする方とは、一方がクマソ的であれば一方は日本武尊的で、神武天皇の兄弟たり分身たる五瀬命の運命は日本武尊的ですが、その敵将の運命はクマソ的で、合せるとスクナの両面になる。 坂口安吾『安吾の新日本地理』より引用
  • 然るにたゞ單に其の法律には盲從せずして、造化の其の法律の精神を體得し、其の法律の如何なるものであるかを知りて之を運用し、被治者の地位たる野猿山羊の羣より超越して仕舞つて、漸やくにして治者、即ち造化の分身たる地位に到達せんと欲して居るのが人類の情状で、古來の賢哲は皆幾分か其の望を達し得て居るのである。 幸田露伴『努力論』より引用
  • プログラムはその夢をし取って、ハルユキの分身たるデュエルアバター〈シルバー・クロウ〉を作り出した。 川原礫『アクセル・ワールド 08 -運命の連星-』より引用
  • 分身たるシルバー・クロウは現在、無制限中立フィールドの中心に存在する〈帝城〉の奥深くに、浄化能力者〈アーダー・メイデン〉とともに取り残されている。 川原礫『アクセル・ワールド 08 -運命の連星-』より引用
  • キット関係が火急の問題ではあるが、ハルユキとても、分身たるデュエルアバター〈シルバー・クロウ〉が無制限中立フィールドにいて封印状態の身だ。 川原礫『アクセル・ワールド 08 -運命の連星-』より引用
  • さてその分身たる河童小僧が、ミヅシ、メドチ、シンツチ等のを保続して肛門をうかごうたり、町婦を姙ませたり、荷馬を弱らせたりし居ると判る。 南方熊楠『十二支考』より引用
  • 次へ »