分身

全て 名詞
1,578 の用例 (0.02 秒)
  • たった十数秒で、銀の魔剣とその分身は一三振りにまで増えてしまった。 丈月城『カンピオーネ! 02 魔王来臨』より引用
  • 平たく言えば、多くの人物が似たもの同士になるのが分身の現象である。 今村仁司『「大菩薩峠」を読む ―峠の旅人』より引用
  • そしてユーザーのゲーム内の分身である指揮官キャラクターを設定する。
  • あまりに大きすぎる建物で、分身の彼女には途方もない大建築に思えた。 ディック/仁賀克雄訳『宇宙の操り人形』より引用
  • 他の者は分身、本体はいまここで苦しんでいるこの一人だけだったのだ。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス10 コンプレックス・デイズ』より引用
  • 彼はこれらの道化師たちを自分の「分身」であるかのように感じていた。 山口昌男『道化的世界』より引用
  • プレイヤーはゲーム開始の際に分身となるプレイヤーを作成することになる。
  • 今作ではプレイヤーキャラクターの分身として、アバターが導入された。
  • その時から、父の残した進化計画が私の夢であり、私の分身になった。 岩本隆雄『星虫』より引用
  • あれだけ緊張していた分身は、セイバーの一でで半勃ちになっていた。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • たまたま同じ巣の中にいる相手の腹を借りて、分身製造をしてもらうわけだ。 小池真理子『悪の愛情論』より引用
  • 全ての真祖は朱い月の分身であり、同時にまったくの別個体でもある。 奈須きのこ『歌月十夜 04 朱い月』より引用
  • これは天皇の分身である軍旗を敵の手に渡すことを避けたためである。
  • また、血統を同じくする吸血鬼は自身の家族であり分身であると考える。
  • 実際には若武者の方が分身で、彼の持ち歩いている刀の方が本体である。 山本弘/友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 幻の巻』より引用
  • そして、その中心から徐々に僕らの分身とも言える召喚獣が姿を見せる。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 04』より引用
  • 分身は、主人公が背徳行為をなさんとするときにいつも現れて邪魔をする。 中村希明『怪談の科学―幽霊はなぜ現れる』より引用
  • 彼はまるで自己の分身に話すように自分のことを滔々とうとうと述べ立てた。 ホーソン/鈴木武雄訳『七破風の屋敷』より引用
  • 長野県長野市にある善光寺の分身を祀る目的で建てられた寺院である。
  • 実在の分身の術を見たときには目にきっと星が輝いたことだろう。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 次へ »