分解

全て 名詞
10,565 の用例 (0.02 秒)
  • この巨人群の死体のような工場のどこかに熱分解装置があるはずだ。 松本清張『空の城』より引用
  • まず初めに、どういう訳か自動機械装置がバラバラに分解してしまった。 ジェイムズ・ブリッシュ『04 暗闇の悪魔』より引用
  • 巨大なビルを分解するというのはそれはそれで心かれるものがある。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第04巻 jini使い』より引用
  • そう言ってから、宗介はいきなりその場で拳銃けんじゅうの分解整備せいびをはじめた。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集02 本気になれない二死満塁?』より引用
  • 小野さんは自分の感じを気の毒以下に分解するのを好まぬからであろう。 夏目漱石『虞美人草』より引用
  • また惑星が分解したように見えたが、こんどはビームを投射しつづけた。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ5) ファースト・レンズマン』より引用
  • 両者は従来の自己の独特の内容を分解し、銘々の自己独立性を失って来た。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • なんのために姉さんを探してぃたのか、理由も目的も分解してしまった。 樋口有介『夏の口紅』より引用
  • だが、一瞬後にはせっかくつながりかけた思考は分解してしまっていた。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 字形分解とは、つまり文字をいくつかの構成要素に分解することである。 藤村由加『人麻呂の暗号』より引用
  • 集団としての嘘部は分解し、日本史のやみから闇へ消えて行きました。 半村良『闇の中の系図』より引用
  • このままでは撃墜される前に無理な操作で空中分解してしまうかもしれない。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • 我々の一つの詩の形式要素から受ける印象は、複雑に分解せられるのである。 折口信夫『橘曙覧評伝』より引用
  • その嘘である理由は今までやって来た分解で御合点ごがてんが行ったはずであります。 夏目漱石『文芸と道徳』より引用
  • もっとも心理学者のやる事は心の作用を分解して抽象してしまうへいがある。 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より引用
  • この分解していく肉体という考えがわたしに取り憑いて離れなくなりました。 モーパッサン/榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』より引用
  • 依存性はなく耐性もつかないが、こいつは体内で分解されない毒なんだ。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 彼が死んだらこのブロックはずっと分解したままになってしまう。 乙一『ZOO』より引用
  • そのうちに空中分解をしたり、そのまま石のように燃えつつ、落ちて行く。 海野十三『海野十三敗戦日記』より引用
  • 私は自己が世界の要素と同じ要素に分解されてしまうのを見る。 三木清『人生論ノート』より引用
  • 次へ »

分解 で始まる単語