分析

全て 名詞
19,035 の用例 (0.03 秒)
  • だが新聞の社会的機能は以上分析された程度のものに止まってはならぬ。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • その意味で現存在の分析論のうちに基礎的存在論を求めることができる。 細川亮一『ハイデガー入門』より引用
  • いや、源氏から見たこの人の性格分析に興味があるというべきだろうか。 田辺聖子『源氏紙風船』より引用
  • 実さんの精神分析と言っても、私が実さんの精神を分析するのじゃない。 夢野久作『実さんの精神分析』より引用
  • 思うに五官の認識の方法は一面分析的であると同時にまた総合的である。 寺田寅彦『感覚と科学』より引用
  • 子どもには感じる能力はあるが、その感じたことを分析する能力はない。 シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(上)』より引用
  • 商品が分析され得るためには商品概念が分析されるのでなければならない。 戸坂潤『空間概念の分析』より引用
  • そして普通単に分析と呼ばれるものも常に概念の分析でなければならない。 戸坂潤『空間概念の分析』より引用
  • 日本人総体の精神分析の一部に当ることをする様な事になるかも知れぬ。 折口信夫『山越しの阿弥陀像の画因』より引用
  • 如何なる分析もこの厳粛な魂のすがたを説明するわけにはいかぬと思ふ。 岸田国士『従軍五十日』より引用
  • 私は心理分析は専門じゃないから、素人みたいなことしか言えないわよ? 椹野道流『鬼籍通覧6 亡羊の嘆』より引用
  • 作者は絶望したフレデリックの心理を説明したり、分析したりはしない。 ヘミングウェー/高村勝治訳『武器よさらば』より引用
  • その後彼が死を決意するに至った心理的過程を分析する力は、私にはない。 綾辻行人『人形館の殺人』より引用
  • ぼくは自分の心配事だけでたくさんだし、だいいち精神分析医じゃない。 ハインライン『夏への扉』より引用
  • その時まず第一に眼をつけられるのは、論文のこの分析型なのである。 戸坂潤『思想と風俗』より引用
  • 実さんが自分の精神を分析して見せる事が多いことを言うのである。 夢野久作『実さんの精神分析』より引用
  • 彼は分析家でもなく主張家でもない、要するに解釈家だったのである。 戸坂潤『世界の一環としての日本』より引用
  • 普遍的な存在論としての哲学がなぜ現存在の分析論として展開されるのか。 細川亮一『ハイデガー入門』より引用
  • 彼は一枚の紙を机の上に放り出して、また化学の分析の方に向き直った。 三上於菟吉『暗号舞踏人の謎』より引用
  • 今この日本主義の諸条件とその行きつく到達点とを簡単に分析して見たい。 戸坂潤『日本イデオロギー論』より引用
  • 次へ »

分析 で始まる単語