分子

全て 名詞
11,475 の用例 (0.02 秒)
  • 一七九二年以後欧州のあらゆる革命は実はフランス革命の一分子である。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • わたしの書いた分子構造式がまったくまちがっていると腹をたててたわ。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『06 気ちがい科学者』より引用
  • 分子構造式からいうと、最初の物質とまったく対称的なもののようなの。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『06 気ちがい科学者』より引用
  • 地方自治団体員および知識階級分子の間における気分を調査すること。 ハシェク/辻恒彦訳『良き兵士シュベイク(上)』より引用
  • この力場は、特定の分子構造または原子構造と共鳴させることができる。 ジョン・ヴァーリイ『ブルー・シャンペン』より引用
  • 何故なら憲兵は不穏分子の侵入を防ぐために必ず身体検査をするからだ。 本庄陸男『お菜のない弁当』より引用
  • 分子の共有結合の場合に右まきと左まきの電子が組になって働いていた。 片山泰久『量子力学の世界』より引用
  • 日系人たちは日本人の血が流れているというだけで危険分子とされた。 ドウス昌代『東京ローズ』より引用
  • このため,ガス交換による重量変化は分子量の差ほどは大きくならない。 長野敬・鈴木善次『パズル・生物入門』より引用
  • いうまでもなく、彼女は分子破壊銃で消滅した部分に気がついたのだ。 K・H・シェール『地球への追放者』より引用
  • その分子には、右にのべたように、あなたの性質は一切含まれていない。 養老孟司『からだを読む』より引用
  • この二つ以外に分子が結合するという説明は現在の物理学にはない。 坂口謹一郎『古酒新酒』より引用
  • ずっと後の時代になっても必要の分子は常に離れ去ることがなかった。 三上義夫『文化史上より見たる日本の数学』より引用
  • 科学的精神に反対する分子の少なくないことは、別に日本には限らぬ。 戸坂潤『再び科学的精神について』より引用
  • 彼の頭のまわりには、かがやく後光の分子が空中になかったであろうか? ホーソン/刈田元司訳『スカーレット・レター(緋文字)』より引用
  • この場合に単に温度を与えても各分子箇々の運動を予報すべくもあらず。 寺田寅彦『自然現象の予報』より引用
  • 刺激伝達の分子的な仕組みも,いまではかなり明らかになってきている。 長野敬・鈴木善次『パズル・生物入門』より引用
  • 必ず、集団を構成する素材の一部に、分子結合の弱い部分があるはずだ。 田中芳樹『タイタニア2 暴風編』より引用
  • これは分子の数が十の二十三乗という程度の莫大なものであるためである。 堀淳一『物理の風景―数理物理学者の見た世界』より引用
  • 夜の間に宇宙線が衝突して、分子が一つ、構造を変えたかもしれない。 養老孟司『無思想の発見』より引用
  • 次へ »

分子 で始まる単語