分化

全て 名詞
3,266 の用例 (0.01 秒)
  • その後、養成学校に進む中で適性に応じて様々なタイプに分化していく。
  • 以前の未熟な段階の低次な行動をしたり、未分化な思考や表現様式となる。
  • だから平安時代にはまだ物語と歴史との概念は充分分化していないのである。 風巻景次郎『中世の文学伝統』より引用
  • 文明の進化に伴い、支配者と被支配者が分化したのもこの時期である。
  • 前赤芽球の段階から形態的にも赤血球への分化の方向がはっきりしてくる。
  • 分化発達した芸術上の理想のそれぞれを完全に実現させることだ。 芥川龍之介『舞踏会・蜜柑』より引用
  • 属や の巨大なコロニーでは、コロニー内の細胞形態に分化が見られる。
  • 形態には変化が多く、群体性のものでは個体の形にさまざまな分化が見られる。
  • 分化した当時から現在までほぼ同じ姿を保ち続けた生きている化石である。
  • 体を分化出来る種族で、複数体に見えても一つの意思が動かしている。
  • その中で、胞子葉が分化するものはさまざまな分類群に少しずつ見られる。
  • この問題を解釈すると文芸家の理想の分化する模様が大体見当けんとうがつきます。 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より引用
  • こちらは胞子葉が分化しないもので、みかけはかなり異なる印象である。
  • ただし、医学界といっても、その専門分化によって論理の内実は変わる。
  • 意識の分化と統一とはこの根本的傾向から自然と発展して参ります。 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より引用
  • 左右相称で口のある方向に運動する動物で、頭部の分化が生じている。
  • 分化発達した芸術上の理想のそれぞれを完全に実現させる事だ。 芥川竜之介『芸術その他』より引用
  • APG植物分類体系ではスイレンは被子植物の初期に分化したとされる。
  • 幹細胞は分化能力の違いによって、以下のような分類がなされている。
  • 日本各地に数種が分布するが、特に南西諸島において種分化が進んでいる。
  • 次へ »