分化誘導

33 の例文 (0.00 秒)
  • また、好酸球は好中球と同様にCD34陽性造血前駆細胞由来の細胞であるが、IL-5が作用することにより前駆細胞から好酸球へと分化誘導が引き起こされることが知られている。 ...
  • また銀杏にはアナカルド酸が含まれ、 属シアノバクテリアの糸状体に対して強力な殺菌活性を有しながらも、毒性を示さない極低濃度では明瞭なホルモゴニア分化誘導活性を示す。 ...
  • この過程で、2005年には高橋政代とES細胞による網膜の分化誘導に成功し、2006年にはES細胞から視床下部前駆細胞を分化誘導させることに成功。 ...
  • また急性前骨髄球性白血病で画期的な治療法である分化誘導療法の発見、2001年には慢性骨髄性白血病の分子標的薬グリベックの登場など、AML-M3やCML、予後がいい小児ALLなどでは大半の患者が救われるようになってきている。 ...
  • 試験管研究において、オウレン抽出物に、脂肪細胞の分化誘導抑制、脂肪の分解促進の作用があった。
  • また、LPSは抗原提示細胞である樹状細胞やマクロファージを活性化し、未分化なT細胞を1型ヘルパーT細胞へと分化誘導する働きを持つ。 ...
  • 笹井芳樹との共同研究で、2008年に世界で初めてヒトES細胞から神経網膜を分化誘導することに成功する。 ...
  • クロストリジウム目細菌群が腸管内で産生する酪酸が、制御性T細胞の分化誘導を担う免疫修飾因子となっている。 ...
  • 骨髄間質細胞が分化誘導されることにより、骨細胞、軟骨細胞、脂肪細胞、骨格筋細胞になる。 ...
  • 植物ホルモンの存在下、1 - 10 nMの低濃度で、強力な細胞増殖促進活性、分化誘導能を示す。 ...
  • さらにES細胞から視床下部前駆細胞の分化誘導や脳下垂体の立体的な形成も実現し、井上学術賞、山崎貞一賞、武田医学賞、上原賞などを受賞した。 ...
  • 急性白血病では、急性前骨髄球性白血病のみ治療法はまったく異なり、オールトランスレチノイン酸による分化誘導療法と抗がん剤の併用療法が用いられる。 ...