分化誘導療法

5 の用例 (0.00 秒)
  • APLが他のAMLと区別される最大の特徴はオールトランスレチノイン酸による分化誘導療法が有効なことである。
  • 急性前骨髄性白血病での分化誘導療法では白血病幹細胞を含めて白血病細胞を強制的に分化させてしまう方法である。
  • 従来の治療法は白血病細胞をすべて殺す、押えつけることを念頭においていたが、白血病幹細胞の研究の進歩及び急性前骨髄性白血病での分化誘導療法の開発によって、治療の考え方が根本的に変わろうとしている。
  • 急性白血病では、急性前骨髄球性白血病のみ治療法はまったく異なりオールトランスレチノイン酸による分化誘導療法と抗がん剤の併用療法が用いられる。
  • また急性前骨髄球性白血病で画期的な治療法である分化誘導療法の発見、2001年には慢性骨髄性白血病の分子標的薬グリベックの登場など、AML-M3 や CML、予後が良い小児ALL などでは大半の患者が救われるようになってきている。