分化誘導

27 の用例 (0.00 秒)
  • 骨髄間質細胞が分化誘導されることにより、間葉系に属する細胞になる。
  • ES細胞はその代表例であり、体を構成する様々な細胞に分化誘導できることが知られていた。
  • 筋再生の時も筋発生と同様に筋分化誘導遺伝子が発現する。
  • 脂肪細胞を分化誘導する一方で骨芽細胞の減少により骨折のリスクが増加するのではないかと云われている。
  • APLが他のAMLと区別される最大の特徴はオールトランスレチノイン酸による分化誘導療法が有効なことである。
  • 分化誘導や人による操作なしにミューズ細胞は末梢血中投与によって組織再生することができるため、臨床応用が期待されている。
  • 近年では、骨髄中に間葉系幹細胞と呼ばれる接着性の細胞が存在しており、シャーレ上で特殊な培養を行うと骨芽細胞・脂肪細胞・軟骨細胞に分化誘導できることが報告された。
  • ES細胞から脳の神経細胞を誘導しようとしていた笹井に共同研究を持ちかけ、世界で初めてとなるヒトES細胞から神経網膜の分化誘導を行うことに成功する。
  • また、2013年のインタビューでは、ゲノム編集技術による将来展望や、細胞の分化誘導から組織を創り出すことを考える時代へ入っているとの認識を語っていた。
  • エピブラスト幹細胞からの分化誘導やエピブラスト様細胞についての研究開発も行われ、2013年には九州大学の研究チームが大量培養法を発表している。
  • このように主に細胞性免疫の主役である白血球の分化誘導作用をもつため、免疫賦活や骨髄刺激に用いられることもある。
  • 分化万能性を持った細胞は理論上、体を構成するすべての組織や臓器に分化誘導することが可能であり、患者自身から採取した体細胞よりiPS細胞を樹立する技術が確立されれば、拒絶反応の無い移植用組織や臓器の作製が可能になると期待されている。
  • ヒトES細胞やヒトiPS細胞から心筋細胞を分化誘導し、心臓病の治療や診断に利用できることを示した。
  • 急性前骨髄性白血病での分化誘導療法では白血病幹細胞を含めて白血病細胞を強制的に分化させてしまう方法である。
  • また、好酸球は好中球と同様にCD34陽性造血前駆細胞由来の細胞であるが、IL-5が作用することにより前駆細胞から好酸球へと分化誘導が引き起こされることが知られている。
  • 土山らにより、ヒト皮膚線維芽細胞由来ミューズ細胞がメラニン産生能を有するメラノサイトへと複数のサイトカインにより効率的に分化誘導されることが示され、これらの細胞は皮膚への移植後もメラニン産生能を維持した。
  • 従来の治療法は白血病細胞をすべて殺す、押えつけることを念頭においていたが、白血病幹細胞の研究の進歩及び急性前骨髄性白血病での分化誘導療法の開発によって、治療の考え方が根本的に変わろうとしている。
  • 生物の分子発生プログラムと各器官形成に興味を持っていたが、1988年、胚発生における分化誘導物質として、アクチビンを世界で初めて同定した。
  • 骨髄間質細胞が分化誘導されることにより、骨細胞、軟骨細胞、脂肪細胞、骨格筋細胞になる。
  • ATRA治療後に急性前骨髄球性白血病が再発してしまった場合には、機序は違うが、やはり細胞を分化誘導とアポトーシスに招く亜ヒ酸が著効することが知られている。
  • 次へ »