分化能

44 の用例 (0.00 秒)
  • 細胞の分化能は失われておらず有効造血による一系統以上の血球増加を認める。
  • 分化能の消失は細胞の経歴を反映したエピジェネティックな変化である。
  • 単分化能または単能性とは分化可能な細胞種が一種類に限定されている分化能力を指す。
  • 間葉系に属する細胞への分化能をもつ。
  • 多分化能とは、分化可能な細胞系列が限定されているが、多様な細胞種へ分化可能な能力を指す。
  • 分化能とは、細胞が異なる細胞種へ分化する能力のこと。
  • つまり、もともと分化能を持つ種子を発芽させて選択するだけなので人為的な再生系は必要とされない。
  • この受精卵のみに見られる完全な分化能を全能性と呼ぶ。
  • また白色体という用語は色素のない全ての色素体に対して使われ、既に退化して葉緑体への分化能を失ったものも含まれる。
  • 後者の細胞は内部細胞塊に存在し、胚体外組織を除くすべての細胞へ分化できることから、これらの細胞がもつ分化能を多能性と呼ぶ。
  • なお、この倫理的問題を解決するために、既に樹立されたES細胞と体細胞を融合させ、多分化能を持つ細胞を作製する手法が開発されている。
  • 後者の細胞は内部細胞塊に存在し、胚体外組織を除くすべての細胞へ分化できることから、これらの細胞がもつ分化能を分化万能性と呼ぶ。
  • さらにOct4陽性細胞は3胚葉組織への分化能を持っていた。
  • iPS細胞の樹立にあたって分化能や多能性に劣るものも発生していたが、どのような仕組みでそうなるのか分かっていなかった。
  • 間葉系幹細胞はその分化能とホルモン分泌、および自然免疫の調節能から臨床的に注目されている。
  • また、間質細胞の多分化能を利用すれば、心筋、骨、軟骨組織への広範な組織への利用への可能性がひろがる。
  • プラナリアやヒトデ類のように断片から個体を再生できる動物もいる一方で、哺乳類のように分化後の細胞は分化能を失う動物もある。
  • 多分化能を保った造血幹細胞はこれらの中のごく一部であり、最新の学説においては、骨組織と骨髄の境界領域に高頻度に存在し、骨組織内の骨芽細胞との接触がその維持に重要と考えられている。
  • さらに、神経細胞や肝細胞、上皮細胞など、より広範な組織への多分化能を有する前駆細胞の存在も示唆されており、世界各国で熱心に研究が進められている。
  • このように骨髄間質細胞は多分化能を有することにより、骨髄間質細胞という形態学的な名称よりも骨芽細胞、軟骨細胞、脂肪細胞といった分化形質に従って呼ぶべきであるという考えがある。
  • 次へ »