分化疾患

37 の用例 (0.00 秒)
  • 性同一性の概念は、性分化疾患の事例を解釈するため提唱されたことに始まる。
  • また、医学的な名称としては性分化疾患が用いられている。
  • 染色体異常や性分化疾患、内分泌器系の異常などを持っている人は下記通りにならない場合がある。
  • 医学的には性分化疾患 に分類される。
  • 現在では医学論文において、総体的に呼称する場合に「性分化疾患」という用語が用いられるだけである。
  • 男女とも染色体異常や性分化疾患、内分泌器系の異常などを持っている人は、下記通りに出現しない場合がある。
  • 染色体異常や性分化疾患、内分泌器系の異常などがある人は、正常な性徴が見られない場合がある。
  • 性分化疾患とは単一の疾患を指すのではなく、約60種類以上ある疾患群の包括用語に過ぎない。
  • 染色体異常や性分化疾患、内分泌器系の異常などを持っている人は、正常な性徴ができない場合がある。
  • もちろん、性分化疾患の人の中には、性自認が揺れている人もいるし、また個人的な政治主張として「男も女もない」と主張する人もいるが、それは、性分化疾患ではない人がそういう状態にあったり、そういう政治的信念を持つことと変わりがない。
  • まず第一に、性分化疾患とは、約60種類以上ある疾患群の総称に過ぎず、そのような単一の疾患があるわけではない。
  • なお生物的な性と性自認が著しくずれたり反転しているケースが性別不快症候群や性同一性障害、生物学的な性の形成そのものが定型的でないケースが性分化疾患である。
  • 性分化疾患の人の中には、性自認が揺れる人も、男女どちらでもない性自認を持つ人も、政治主張として「男も女もない」と主張する人もいるが、それは、性分化疾患ではない人がそういう状態にあったり、そういう政治的信念を持つことと変わりがない。
  • 多くの性分化疾患の当事者を長期に渡って見守るうち、身体とは別個にある「性の意識」、いわば「その人自身の真の性別」とも言えるその存在を認めるより他ない事例がいくつも生じたのである。
  • この「性同一性」の概念が提唱された際、たとえ性分化疾患とはいえ、どこかに性別を客観的に判定し得る基準があるはずと考えられてもきたが、同じ性染色体の構成や内外性器の形態であっても、単純にファルスの長さだけでは性の判定はできない。
  • さらに世界人権宣言並びに国際人権法を基にLGBT並びに性分化疾患の当事者の人権の完全な保障と絶対的差別禁止を目指して同年11月に国際法律家委員会と前国際連合人権委員会の構成員により議決されたジョグジャカルタ原則成立の発端にも影響を与えた。
  • その過程は、一つでもうまく働かないと異常を起こし得る至妙な均衡のうえに成り立っており、性分化疾患の多様な事例など、人の性は必ずしも想定される状態に性分化、発達するとは限らない。
  • ただし、性分化疾患の当事者の中には「男でも女でもない」と自認する人もいるが、それは性分化疾患を持たない人の中にも自認する人がいて、性分化疾患を持つ人に限らず、厳に尊重されるべきである。
  • その過程は、一つでもうまく働かないと異常を起こし得る至妙な均衡のうえに成り立っており、多くの胎児では正常に性分化し発達する一方、性分化疾患におけるさまざまな事例など、人の体の性は必ずしも想定される状態に性分化、発達するとは限らない。
  • 両性具有のようなイメージに参照されると思われる卵精巣性性分化疾患においても、性腺が精巣・卵巣に分化していない状態であり、両方の性腺を併せ持っているわけではない。
  • 次へ »

分化疾患 の使われ方