分化成熟

19 の用例 (0.00 秒)
  • 幸いなことにこれらの分化成熟過程における抗原の変化はよく知られている。
  • 分化成熟したある細胞が他の分化成熟した細胞の形態に変化することであり、可逆的な変化である。
  • 最近では胸腺を介さずに分化成熟する末梢性T細胞が存在することも知られるようになった。
  • 特にビメンチンは生物の発生の初期段階から細胞や組織の分化成熟の段階まで多彩な細胞に発現しており,細胞機能に必須の構造蛋白であると考えられてきた。
  • 中枢神経系の神経細胞、末梢神経系の神経節細胞にほぼ普遍的に分布し、神経細胞の細胞体や樹状突起と共に分化成熟した神経細胞の主要な細胞骨格として機能している。
  • 慢性骨髄性白血病は分化成熟障害がなく、白血球裂孔が見られないのが特徴である。
  • ただし、細胞の分化成熟能は失われていないため白血病裂孔は見られず、幼若細胞から成熟した細胞まで各成熟段階の顆粒球が見られる。
  • T細胞とは、リンパ球の一種で、骨髄で産生された前駆細胞が胸腺での選択を経て分化成熟したもの。
  • 哺乳動物にはこの器官は存在せず、骨髄で分化成熟する。
  • そのため、急性白血病は分化障害があり白血球裂孔が存在するのに対して慢性白血病では分化障害はなく末梢血に様々な分化成熟過程の白血球が出現すると理解されるようになった。
  • 鳥類では骨髄で産生された前駆細胞がファブリキウス嚢で分化成熟したものが、器官の頭文字を取ってB細胞と命名された。
  • リンパ球には分化成熟して免疫グロブリンを産生するB細胞のほかに、胸腺で分化成熟するT細胞などがある。
  • 上記は「造血の立ち上がり」にみられる一過性の左方推移の例であるが、骨髄異形成症候群や慢性骨髄性白血病などの場合は骨髄球-顆粒球系細胞の分化成熟能力自体に異常を生じているため、左方推移状態が持続する。
  • しかし,意外なことに遺伝子改変により作製したビメンチン欠損マウスは,胎生期に致死的影響を生ずることなく,ほぼ正常な個体として生まれ,細胞や組織の分化成熟を示すことが判明した。
  • 上記は炎症や「造血の立ち上がり」に見られる一過性の左方推移の例であるが、骨髄異形成症候群や慢性骨髄性白血病などの場合は骨髄球-顆粒球系細胞の分化成熟能力自体に異常を生じているため、左方推移状態が持続する。
  • CD4を発現したT細胞は他のT細胞の機能発現を誘導したりB細胞の分化成熟、抗体産生を誘導したりするヘルパーT細胞として機能する。
  • 慢性骨髄増殖性疾患では病的な骨髄系細胞は分化成熟能を失なわずに過剰なクローン増殖するのを特徴とする。
  • 急性白血病とは、造血幹細胞または造血前駆細胞に自律的増殖能の獲得と分化成熟障害がおこり、腫瘍化した病態である。
  • 分化成熟傾向がなく、光顕ペルオキシダーゼは陰性だが、電子顕微鏡ペルオキシダーゼ染色では陽性あるいはCD33、CD13の骨髄性マーカー陽性となる。

分化成熟 の使われ方