分化作用

30 の用例 (0.00 秒)
  • 分化作用の発展した今日になると人間観がそう鷹揚おうようではいけない。 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より引用
  • 結晶分化作用とは、火成岩の多様性を説明するメカニズムの一つである。
  • これらは地球内部から来る熔岩からいわゆる分化作用によって生ずるものである。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 分化作用が行われて、感覚が鋭敏になればなるほどこの区別は微精になって来ます。 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より引用
  • 分化作用を述べる際につい口がすべって文学者ことに小説家の眼識に論及してしまったのであります。 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より引用
  • しかしこれが為に我々の個人性は全然虚幻とみるべきものではない、かえって神の発展の一部とみることもできる、即ちその分化作用の一とみることもできる。 西田幾多郎『善の研究』より引用
  • この放射作用と前に申した分化作用が合併がっぺいして我以外のものを、単に我以外のものとしておかないで、これにいろいろな名称を与えて互に区別するようになります。 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より引用
  • 前にも云う通りついでだから分化作用にそくして彼らの使命の一端をげたのに過ぎんのである。 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より引用
  • 青のうちでいろいろな種類を意識したいと思っても、いかんせん分化作用がそこまで達しておらんから皆無駄目である。 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より引用
  • なお、火成岩の多様性は結晶分化作用だけでは説明できない。
  • マグマだまり中において結晶分化作用の比較的初期に生成される。
  • その割合を数字的に示すことはもちろん困難であるが、近代の分化作用が政治の面にあらはれた現象をみても、演劇が演劇として、政治的に重要な課題となつた例は殆どない。 岸田国士『演劇と政治』より引用
  • しかしひるがえって考えて見れば、分裂といい反省といい別にかかる作用があるのではない、皆これ統一の半面たる分化作用の発展にすぎないのである。 西田幾多郎『善の研究』より引用
  • しばらく視覚の意識と眼球の作用を混同して云うと、昔し分化作用の行われぬうちは視力は必ずしも眼球に集中しておらなかったろう。 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より引用
  • この抽象法を用いないで、しかも極度の分化作用による微細なる心の働きを写して人に示すのはおもに文学者がやっている。 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より引用
  • ところでこの真なるものも、いわゆる分化作用で、いろいろの種類と程度を有しているには相違ない、英仏独露の諸書を猟渉りょうしょうしたらばその変形のおもなものを指摘する事はできる事になりましょう。 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より引用
  • この分化作用の起り得るためには多量な熔融塊の内部で永い間持続的に拡散が行われるという条件が必要である。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 而してこの衝突なる者は何から起るかといえば、こは実在の分化作用に基づくもので実在発展の一要件である、実在は矛盾衝突に由りて発展するのである。 西田幾多郎『善の研究』より引用
  • 乾癬の治療や白血病の治療ではビタミンAのもつ細胞分化作用を用いているがビタミンAにはそれとは別に抗酸化作用があると言われている。
  • もし我々が小説家から、人間と云うものは、こんなものであると云う新事実を教えられたならば、我々は我々の分化作用の径路において、この小説家のために一歩の発展をうながされて、開化の進路にあたる一叢ひとむら荊棘いばらを切り開いて貰ったと云わねばならんだろうと思います。 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より引用
  • 次へ »

分化作用 の使われ方