分化する

304 の用例 (0.00 秒)
  • この変化を観察することである生物種がどのように分化したかを調べる。
  • 江戸時代には経済社会・都市の発達に伴い職人はさらに分化し発展した。
  • 中には胞子葉が分化しないものも多く、それらを別属とする考えもある。
  • ある系統の幹細胞が他の系統の細胞に分化することを分化転換 と呼ぶ。
  • しかし、このグループの初期群から首長竜が分化したと考えられている。
  • 完全に分化した小惑星のマントルから来たものであると考えられている。
  • 彼らはもともと同じ種から分化したものであることをシンは感じ取った。 遠藤雅伸『小説 ゼビウス』より引用
  • 単語はいずれの場合にも時と社会との事情によって分化するものであった。 柳田国男『木綿以前の事』より引用
  • 亜種間では亜種クメトカゲモドキが最も初期に分化したと考えられている。
  • アミメガメ亜科内では他属より最も初期に分化したと考えられている。
  • 重脚目は、岩狸目から最初に分化したとするのが最も有力な説である。
  • その後、養成学校に進む中で適性に応じて様々なタイプに分化していく。
  • 通常、成体幹細胞は特定の複数種の細胞にしか分化することができない。
  • だから平安時代にはまだ物語と歴史との概念は充分分化していないのである。 風巻景次郎『中世の文学伝統』より引用
  • 文明の進化に伴い、支配者と被支配者が分化したのもこの時期である。
  • 分化した当時から現在までほぼ同じ姿を保ち続けた生きている化石である。
  • その中で、胞子葉が分化するものはさまざまな分類群に少しずつ見られる。
  • この問題を解釈すると文芸家の理想の分化する模様が大体見当けんとうがつきます。 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』より引用
  • こちらは胞子葉が分化しないもので、みかけはかなり異なる印象である。
  • この性質は他の最終分化したほとんどの非幹細胞とは異なっている。
  • 次へ »