分化したもの

53 の用例 (0.00 秒)
  • 彼らはもともと同じ種から分化したものであることをシンは感じ取った。 遠藤雅伸『小説 ゼビウス』より引用
  • おそらくは南アメリカの顆節目から分化したものだと考えられている。
  • 和なしと同じく古い起源は中国だが、西に移動して分化したものが洋なしである。
  • それはパキケトゥス科から分化したものであろうとされている。
  • 相反する極に分化したものはおのづから第三のものに近づく傾向をそなへてゐる。 三木清『ゲーテに於ける自然と歴史』より引用
  • オセアニア由来の小笠原諸島の植物は、古い時代に分化したものと考えられる。
  • 現生種の多くはユーラシア大陸に侵入した後に東に移動し、鮮新世以降に種分化したものと考えられている。
  • 我々の凡ての要求は宗教的要求より分化したもので、またその発展の結果これに帰着するといってよい。 西田幾多郎『善の研究』より引用
  • 上記の特徴はいわゆる渓流植物の特徴そのものであり、そのような環境へ適応して種分化したものと考えられる。
  • 無顎類や軟骨魚類は硬骨魚類よりも古い段階で分化したものとされているが、これらを古代魚に含むことは少ない。
  • このことは、これまで1つのグループのものであったのが、この時期に2つのグループに分化したものと考えることができる。
  • 他に2つの属があり、カメンダカ属は異所的種分化したもので、エチオピア区のみに生息する。
  • 此意味に於て、蕃国の使に宣せられる詔書が、分化したものである。 折口信夫『高御座』より引用
  • B細胞を始めとした全ての血球細胞は、骨髄中の造血幹細胞が分化したものである。
  • そうしてさらにくわしくいえば、純粋自然主義はじつに反省の形において他の一方から分化したものであったのである。 石川啄木『時代閉塞の現状』より引用
  • ほとんどの種類では筋肉の細胞から分化したものであるが、アプテロノートゥス科の発電器官は神経細胞を起源としている。
  • このタイプの触手は特に攻撃をする働きを持つのが通例で、殻口付近のポリプは何かは不明であるが、特別に攻撃をする機能に分化したものと考えられる。
  • その理由のひとつには、コルドファン語派がニジェール・コンゴ語族の他の言語から最初に分岐したものであるかが不明確であることがあり、はコルドファン語派と同程度かそれ以上に分化したものであるという主張がなされている。
  • 彼らの中で最も後期を生きていたイクチオレステスと同じ時代・同じ地域には、適応を少し進めたアンブロケトゥス科が既に生息しており、それはパキケトゥス科から分化したものであろうとされている。
  • そもそも配偶子が卵と精子のように二つに分化したのも、運動能力を持つものと栄養を貯蔵するものに分化したものと考えられるから、配偶子と同じことが個体にも起きたのだとも言える。
  • 次へ »

分化したもの の使われ方