分化が見

48 の用例 (0.00 秒)
  • ヒドロ虫類の群体性ポリプでは個虫の形態に分化が見られる場合がある。
  • 属や の巨大なコロニーでは、コロニー内の細胞形態に分化が見られる。
  • 形態には変化が多く、群体性のものでは個体の形にさまざまな分化が見られる。
  • 同じ形のヒドロ花が並んでいるものもあるが、その形に分化が見られる例も多い。
  • 群体を形成する動物はいくつかの動物門に見られるが、その群体を構成する個体に形態的な分化が見られる例はいくつか知られている。
  • 神経は腹面を走り、体節ごとに神経節を作るが、体前方数節のそれが発達して脳を形成するなどの分化が見られる。
  • プレオドリナでは群体の中で細胞の大きさに分化が見られ、それによって群体に前後の区別がある。
  • しかし、体の各部分で、体節の様子や付属肢の形などに分化が見られるのが普通である。
  • 分類群によっては、管足に分化が見られる例もある。
  • また、両者の運動能力に分化が見られる場合もある。
  • 小葉には胞子のつくものとつかないものの分化が見られ、羽片ごとに胞子葉と栄養葉が分かれているような感じである。
  • また、列島で島ごとの種分化が見られる例もよくある。
  • 必要そうな器官が消失する例は、例えば群体性の生物で、個体間に分化が見られる場合などに見られる。
  • 側生動物は肉眼で見える大きさがあり、細胞の分化が見られるという点で、原生動物とは異なる。
  • また、同様に器官の分化が見られない動物に海綿動物があるが、これは他の動物と比較するのが難しいほど独特である。
  • 褐藻では、藻類の中では例外的に組織の分化が見られ、これが彼らの極端な大型化を支えているのかも知れない。
  • しかし、形態的にはなかなか多様で、個虫の形に分化が見られたりと、高度な群体を作るものも多く、興味深い群である。
  • 雌雄で運動能力に分化が見られる例もある。
  • また、多細胞でありながら明瞭な器官の分化が見られない。
  • 例えば原始的なクモであるキムラグモやトタテグモでは地方や島ごとの種分化が見られる。
  • 次へ »