分化

全て 名詞
3,266 の用例 (0.02 秒)
  • これに対して種はその部分としての個体間に一般に分化が認められない。 今西錦司『生物の世界』より引用
  • 半世紀を経た今日でも発生起源や分化を巡る議論には結論がでていない。
  • この変化を観察することである生物種がどのように分化したかを調べる。
  • 江戸時代には経済社会・都市の発達に伴い職人はさらに分化し発展した。
  • 中には胞子葉が分化しないものも多く、それらを別属とする考えもある。
  • ヒドロ虫類の群体性ポリプでは個虫の形態に分化が見られる場合がある。
  • もともと分化と多様性を排除しようとする、ガン細胞のようなこの国だ。 富田倫生『青空のリスタート』より引用
  • しかし、このグループの初期群から首長竜が分化したと考えられている。
  • 高等生物において犬ほど短期間に多用な分化が成功した種は存在しない。
  • 彼らはもともと同じ種から分化したものであることをシンは感じ取った。 遠藤雅伸『小説 ゼビウス』より引用
  • 権力の所在や運用が未熟・未分化であった時代を象徴した事件である。
  • 植物細胞の分化は何種類かの植物ホルモンの濃度比によって制御される。
  • 単語はいずれの場合にも時と社会との事情によって分化するものであった。 柳田国男『木綿以前の事』より引用
  • 今の世の中っていうのは、思っていた以上に二極分化が進んでいるんだ。 林真理子『美女入門 PART2』より引用
  • 江戸時代の初期には、家老と年寄衆が未分化であったことが背景にある。
  • 人間そのものが性格を持つまでに分化発展していなかったのだから。 宮本百合子『人間の結婚』より引用
  • このような原始的な器械にそんな分化があろうとは予期していなかった。 寺田寅彦『芝刈り』より引用
  • 意識の分化発展するのはかえって一層大なる統一を求めるのである。 西田幾多郎『善の研究』より引用
  • アミメガメ亜科内では他属より最も初期に分化したと考えられている。
  • 科学の進歩に伴う研究領域の専門的分化は次第に甚だしくなる一方である。 寺田寅彦『学位について』より引用
  • 次へ »