分光反射率

4 の用例 (0.00 秒)
  • ただし、現在の技術では理想の分光反射率曲線を示すイエローのインク・トナーを作ることは少なくとも不可能であり、黄色のインクは理想的なイエローとは違う色をしている。
  • 物体の分光反射率が平坦になる程、彩度は低くなる。
  • 分光反射率が一様で特定の範囲が際立っていないために、色相が鮮明でない、明度に特徴が現れる顔料は、大きく5種類に分類できる。
  • 分光反射率/色合い、屈折率及び粒子径/塗膜厚と透明性の相関、分散性、各種耐性、価格などの評価基準がある。