刃物三昧

24 の例文 (0.00 秒)
  • かと思うとぎが出たり、やくざが刃物三昧ざんまいに及んだりする場所でもあった。 ...
  • そして刃物三昧には馴れ切った男と見えてちょっと肩をそびやかしたまま、黙って室内を大股に歩き出した。 ...
  • ぼくがいっているのが刃物三昧とか、その他の犯罪行為なら、それをおかした者は法の裁きを受けることになる。 ...
  • 草深い田舎にあっても、うぬがわれがと、刃物三昧、力ずくだてがおしとおる。 ...
  • おたがいに男と女のことで喧嘩をし、刃物三昧ざんまいになった。
  • 五郎三郎ももう隠す訳にも行かなくなって、盤の上の一目二目の争いから、分別盛りの侍がおとなげない刃物三昧ざんまいをしたと思うな、家のため、親類縁者のためには、どうしても甥一人を殺すよりほかはないのだという自分の決心を明かして聞かせた。 ...
  • その頃山の木挽達といえば、一般に世間からは、警察の手のとどかないのを好いことに酒と賭博とばくに日を送って、ややともすれば刃物三昧ざんまい喧嘩沙汰けんかざたにおよび、人殺しまでもしかねない血腥ちなまぐさい人種のように考えられていた。 ...
  • 刃物三昧はものざんまいで女を殺す事件が。 ...
  • 「わかるものか」 「わかればひどい目に会うぞ」 「やつらがぼくを追い払うためには刃物三昧も辞さないだろうぐらいのことは、百も承知さ」 ルコックは扉を押し開け、お目当ての二人が坐っている傍に腰をおろし、ひどくしわがれた声で酒と食事を注文した。 ...
  • 分別ざかりの武士さむらひが理不盡の刃物三昧、おとなげないと思ふなよ。 ...
  • 血気の少年はさて置き分別盛ふんべつざかりの男が刃物三昧はものざんまい無理心中なぞに至つては思案のほかにして沙汰のかぎりなり。 ...
  • 何の、嫉妬じんすけの刃物三昧ざんまい切尖きっさきが胸から背まで突通るもんですか。 ...
  • 良人との衝突も度重たびかさなって洋燈らんぷを投げつけるやら刃物三昧はものざんまいなどまでがもちあがった。 ...
  • その口惜しまぎれに刃物三昧に及んだわけですが、その音造を取り押さえた為に、清五郎もすぐに其の場から縄付きになるとは、天の配剤とでも云うのでしょうか、まことに都合よく行ったものです。 ...
  • あすこには気ちがい息子がいて、おやじを刃物で追いまわすのよ、私は隆ちゃんがそんな奴に刃物三昧に会うのは大嫌いよ、誰だってね。 ...
  • 女をとり合って、あげくが刃物三昧はものざんまいだ。
  • 親の師匠も承知で、それに就ては正式に結婚してくれろ、という、五郎兵衛もその肚ですが、お玉が頑張っていますから、根岸の里に然るべき住居を定めて新婚生活を始めましたが、之をお玉が嗅ぎつけたから、刃物三昧です。 ...
  • 次へ