刃傷沙汰

全て 名詞
213 の例文 (0.00 秒)
  • もし彼女を無理に切り捨てようとすれば、過日の刃傷沙汰にんじようざたおおやけにされる。 ...
  • オレが仲に入ったわけだけどよ、その場で刃傷沙汰に及びそうだった。
  • あの時、些細なことから刃傷沙汰にまでなったのが嘘のように思えた。 ...
  • 本当なら刃傷沙汰にんじようざたに及んでも不思議はないほどの仇敵きゆうてき同士なのである。 ...
  • いろいろな女をものにしていれば、ついには刃傷沙汰にんじようざたを起すのが常である。 ...
  • 杉田は、初年兵が駈け込んで来なければ、刃傷沙汰に及ぶところであった。 ...
  • 生徒と刃傷沙汰にんじょうざたなんかになってたら、今頃いまごろ教師はしてないもんな。 ...
  • 無礼討ちではなく、実は乱心により刃傷沙汰を起こしたものだ、とね。 ...
  • 有力な諸大名の協力を得ていればこそ、決して自分たちの中から刃傷沙汰に及ぶ者を出してはならないのであった。 ...
  • しかし、この場合は私闘ではなく、明らかに遺恨いこんがあっての刃傷にんじよう沙汰であった。 ...
  • 文久2年、江戸で刃傷沙汰を起こして京都に逃亡した際、斎藤一と名を変えた。 ...
  • 京では刃傷沙汰が横行し、幕府は過激志士達の跳梁に頭を痛めていた。 ...
  • 二人の刃傷沙汰を恐れて「死ぬしかない」と思い詰めた浮舟の哀れさ。 ...
  • 先例として、赤穂事件以前に起こった江戸城内での刃傷沙汰には次のものがある。 ...
  • 水や食糧を争奪して刃傷沙汰がはじまったというから、深刻である。 ...
  • たとえ、これから撃ち合いや刃傷にんじょう沙汰になる可能性があったとしても、そう考えてしまうのだ。 ...
  • そのせいで刃傷沙汰が起こることもあった。 ...
  • 次へ