函数

全て 名詞
3,001 の用例 (0.02 秒)
  • この定義は、距離空間 Y に値を取る函数へと拡張することが出来る。
  • 最も重要な定義の一つは、シュワルツ超函数の概念に基づくものである。
  • 生成母函数は、制限つきの分割を記述するためにも適用することができる。
  • これは、リーマンゼータ函数を一般化したタイプであることに注意する。
  • 通常の距離以外の距離函数に関する単位円板を考えることもできる。
  • ここで述べたコンパクトな場合は、汎函数計算の特に簡単な例であった。
  • 従って、このモデルにおいて不連続線型実函数は存在しないことになる。
  • 距離空間は距離函数の定義を一般化することでその定義を拡張することが出来る。
  • 関係概念によって考えることは函数概念によって考えることである。 三木清『哲学入門』より引用
  • これは導函数 Dfの連続性とは同じでないことに注意すべきである。
  • しかしいつでもこのような逆函数の求め方が通用するわけではない。
  • 超函数の全ての積についてこれを修正したものが、によって示された。
  • 「函数」が主に用いられていたのは、それほど古い話ではありません。
  • この文脈では、この形の函数はブロッホ周期的であると言うこともある。
  • 後者は対の集合 G の指示函数として R を見ることに対応する。
  • 例えば、極大値と極小値をもつ三次函数の逆函数は、三つの分枝を持つ。
  • フーリエ変換の定義を他の函数空間に対するものへ拡張することができる。
  • 函数 f の点付き分割に関するリーマン和とは なる形の和をいう。
  • これはどのように代数曲線へ局所ゼータ函数を適用するかの方法である。
  • 実函数の中には極限をとることで まで連続的に延長することができるものもある。
  • 次へ »