出血を強いる

9 の用例 (0.00 秒)
  • ラバウルの地下要塞の何倍もの壕を無数に造って、敵の出血を強いるのだ。 豊田穣『海軍軍令部』より引用
  • 勢力的に勝る北軍がリー軍に出血を強いる戦闘だった。
  • 要は新防衛ラインに向かう敵を側面後方から撃破、移動を繰り返して敵に出血を強いることになった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 15 山口防衛戦4』より引用
  • この作戦は、上海に駐留する日本軍を攻撃により挑発して要塞線で出血を強いる事で、日本国内の対中干渉世論を転換させる事が目的であった。
  • ソビエト軍に多大な出血を強いるも結局は物量に勝るソビエト軍に制される。
  • 方面軍の指導ではあるが、我らは持久に持ち込み、できるだけ多く敵の出血を強いるしかない。 池上司『八月十五日の開戦』より引用
  • 敵はこの戦いが持久戦にもつれ込むのをおそれ、御味方を誘いこみ、飽くまでも柵を砦として、御味方に出血を強いるつもりでございましょう。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • バルチック艦隊側も第1戦艦隊の生き残りの戦艦「オリョール」は夜を徹しての復旧により戦闘可能なまでの状態となり、「インペラートル・ニコライ1世」は無傷であったため、戦闘となれば日本側にもそれなりの出血を強いる事は出来た。
  • それだけに合理的精神の持ち主で、全島を徹底して要塞化、地下陣地化して兵の保全に努め、兵の過早の玉砕を戒めて出来るだけ多くの米兵の出血を強いるという戦術を取り、米上陸軍を苦しめた。