出血

全て 名詞
4,944 の用例 (0.01 秒)
  • あれは場合によっては大量に出血しているように見えることがありますね。 柴田よしき『紫のアリス』より引用
  • 彼の妻は七人目の女の児を産むと同時に産後の激しい出血でくなった。 島崎藤村『新生』より引用
  • これほどの傷でありながら、にじむ程度にしか出血が見られないのである。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • 母親は異常な難産で、出産時の大量出血が原因となって夫の後を追った。 森村誠一『致死家庭』より引用
  • 無数の傷と出血にもかかわらず、アンドラゴラスは生きているのだった。 田中芳樹『アルスラーン戦記01 「王都炎上」』より引用
  • それ、通りかかるのを期待するより自分から病院に行くレベルの出血だよ。 入間人間『電波女と青春男 第03巻』より引用
  • 最初の出血時に、胎児の実質の大部分は流れ出てしまったようであった。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • いわゆる耳の奥で中耳や内耳をとり囲む骨の中に出血が起こるのである。 上野正彦『死体は生きている』より引用
  • また、真壁の出血も相当のものがあり放置が許されるものではなかった。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • 幸い身体に大きな傷はなく、出血も骨折もない綺麗な事故だったという。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 傷の下に血がたまっていたが、もうそれ以上出血している気配はなかった。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔上〕』より引用
  • いかに回復力に優れていて も、傷を受けた時点でかなり出血しているのだ。 安井健太郎『ラグナロク 第01巻 黒き獣』より引用
  • だから右半身不随の人は、左の大脳に出血などの障害があることになる。 上野正彦『死体は告発する』より引用
  • 凶器を引き抜けば、そこから出血して死ぬということを知っていたんだ。 森村誠一『人間の証明』より引用
  • どれほどの出血だったのか知りませんから疑問だなどと強い調子では言えません。 有栖川有栖『ダリの繭』より引用
  • しかし肩からの出血は止まるわけもなく、彼女の体をらし続けている。 北沢慶/山本弘/友野詳『妖魔夜行 暗き激怒の炎』より引用
  • 私の方はまるでわかっていなくて、自分で自分を出血させたりした。 内田春菊『息子の唇』より引用
  • しばらくの間、身体がなかなか元に戻らず、気持ちの悪い出血が続いた。 小池真理子『雪ひらく』より引用
  • 以前に何度か成功したみたいに、少しでも出血を止めたかったのだ。 喬林知『今日からマ王 第11巻 「めざせマのつく海の果て!」』より引用
  • 爆燎のほおには、軽い内出血を起こしているのか、小さな青いあざがあった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録04 夢をまどわす頑固者』より引用
  • 次へ »