出稼ぎ

全て 名詞
1,085 の用例 (0.01 秒)
  • 地元の産業もないので、村の全部の家で東京への出稼ぎが行われていた。 西村京太郎『座席急行「津軽」殺人事件』より引用
  • 広島県には、海外に移住や出稼ぎの人が多く、そのための学校が出来た。 星新一『夜明けあと』より引用
  • 青森から乗ったとすると、出稼ぎに行くのではなかったのかも知れない。 西村京太郎『座席急行「津軽」殺人事件』より引用
  • モンゴル経済を支えているのは外国への出稼ぎ労働者からの送金である。
  • 日本の炊飯器などは日本に出稼ぎに来ている外国人労働者にも人気がある。
  • おれは日本へ出稼ぎに来たいという女たちの世話をしていただけだ。 森村誠一『棟居刑事の悪夢の塔』より引用
  • 産業が未発達な地域であり、イスタンブルなどへ出稼ぎに行く人も多い。
  • 出稼ぎまでして家族を養わねばならない彼らに負担をかけたくないからだ。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • 今、出稼ぎに出て来る人たちは、四十代、五十代が圧倒的に多いんです。 西村京太郎『座席急行「津軽」殺人事件』より引用
  • ジョージはその後息子を近所に預けてスコットランドに出稼ぎに行った。
  • 残念ながら私はそのころ出稼でかせぎに上京中のため、くわしい事情は知らぬ。 五木寛之『風に吹かれて』より引用
  • たった一人で出稼ぎ列車に乗るというのは、ちょっと考えられませんからね。 西村京太郎『座席急行「津軽」殺人事件』より引用
  • 他民族の心理は内地から出稼ぎに来た人々に簡単に理解せられない。 石原莞爾『戦争史大観』より引用
  • 満州へ出稼ぎに行ったという人は、われわれ働く者のまわりにもあります。 宮本百合子『「モダン猿蟹合戦」』より引用
  • かつて韓国の男たちが、盛んに中近東に出稼ぎに行ったことがあった。 呉善花『スカートの風』より引用
  • 兄の正も結婚したあと、父がそうしたように、冬場は東京へ出稼ぎに来た。 西村京太郎『座席急行「津軽」殺人事件』より引用
  • 大陸を感じさせる顔立ちから、アジアの出稼ぎ労働者を演じた経験もある。
  • 冬場は一面に雪にもれ、出稼でかせぎに出ないと暮らしが立ちゆかなかった。 吉岡忍『奇跡を起こした村のはなし』より引用
  • 若者は収入が得られ仕送りが出来る土地へ出稼ぎに行こうとする傾向が ある。
  • 出稼ぎに来た人たちが、毎月家に送る金額は二十万円前後といわれる。 西村京太郎『座席急行「津軽」殺人事件』より引用
  • 次へ »