出生

全て 名詞
4,730 の用例 (0.01 秒)
  • 結婚の報告はなく、出生及び死亡の報告もわずかに五十県分だけである。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • この期間における出生の死亡に対する平均比率は一五七対一〇〇である。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • そういう和鷹の性格は、彼が自分の出生の秘密を知った時から始まった。 内田康夫『天河伝説殺人事件(上)』より引用
  • 仕事を持つ女性もふえたせいか、子供の出生率も低下しているようです。 式田和子『死ぬまでになすべきこと』より引用
  • そして出生の結婚に対する比率が非常に高くなったのは、この時である。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • 出生率と人口が減少していく中で、生産の重要な要素は労働であった。
  • 一七九二年には、出生は七四六、埋葬は六四六、結婚は三三九であった。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • アサシンの神なる男の出生の秘密を聞いて、謎が解けたような気がした。 新堂冬樹『ブルーバレンタイン』より引用
  • 陽子の出生について相談するほどの間柄に一体どのようにしてなったのか。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • 地理的にも大は日本から小は一市一村に至る僕等の出生地も拘束してゐる。 芥川竜之介『文芸的な、余りに文芸的な』より引用
  • 出生時に与えられる守護霊の概念のキリスト教化されたものと考えられる。
  • どうやらサヴォア公爵家には自分の出生以外にも複雑な事情があるらしい。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • それは単に出生数または死亡数のみを取扱っていたのでは明かにされ得ない。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • 出生を証明する書類をすべてとり寄せ、そっくり持たせてやりました。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • 出生地から性格まで三〇ページにわたってタイプ文字が埋めている労作だ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター02 エイリアン魔獣境 I』より引用
  • 本名も年齢も出生地も、いつどこからやってきたのかも知る者はいなかった。 飴村行『粘膜人間』より引用
  • 武ははじめて明かされた自分の出生の秘密に愕然がくぜんとしたような顔で言った。 今邑彩『双頭の蛇(「蛇神」シリーズ第3巻)』より引用
  • 出生の死亡に対する比率は七〇対一五、すなわち四・三分の二対一である。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • そういう評判が出生したのは原作の顔つきのせいだと思いますね。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(1)』より引用
  • しかしこの事実は確かに単に出生と結婚の表からは推論し得ないものである。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • 次へ »