出現

全て 名詞
20,042 の用例 (0.02 秒)
  • 彗星すいせいの出現を見れば、天自身も名俳優を必要としてるのだと思えてくる。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 花はわが地球上に出現した時に彼等の周囲には傚ねべき手本もなかつた。 牧野信一『卓上演説』より引用
  • 十年前に出現した新星の光が今ようやく地球に届いたようなものである。 寺田寅彦『雑記(Ⅰ)』より引用
  • 茶樹に聚繖花序の出現することは私の発言するまでは誰も知らなかった。 牧野富太郎『植物一日一題』より引用
  • その子供の運命のうちにその男がはいってきたことは、神の出現であった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 現実の戦いとなると、それをわたしに対してやる者も出現するわけだろう。 星新一『城のなかの人』より引用
  • 橋の上でいきなり彼が近くに出現しゅつげんした時、てっきりばれたのだと思った。 山本弘『サーラの冒険 6 やっぱりヒーローになりたい !』より引用
  • 一瞬で出るのではなく、一文字ずつ、タイプされているように出現した。 森博嗣『G 02 θは遊んでくれたよ』より引用
  • いかにも天龍川を渡ったころから新しく出現した五十半ばの男がある。 山田風太郎『警視庁草紙(下)』より引用
  • まるで言葉を発しようとする寸前に出現した異様な咽喉のど痙攣けいれんであった。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • それが蒸汽船や電信機なぞの交通機関の出現によることだと言っている。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • それは聖道自力の教とは異なる絶対的な教が出現すべきことを意味している。 三木清『親鸞』より引用
  • これが原因で東京に危険な化け物が出現したら、さすがに目覚めが悪い。 丈月城『カンピオーネ! 01 神はまつろわず』より引用
  • そうだったのかもしれないが、戦乱の世が出現していたにちがいない。 星新一『城のなかの人』より引用
  • 仏が仮に人として出現されたかと思われるところがこの人にあった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • そのとき彼はどういふ感情をもつて由子の出現を迎えたであらうか。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • 「型」の出現は一応販売あるいは組織から要求されてきたことである。 中井正一『蓄音器の針』より引用
  • それは地上の人類が眼覚めることによつて即座に出現されるのである。 葉山嘉樹『工場の窓より』より引用
  • 明治より大正中葉まで出現した殆どすべての作家は、大学出身者であった。 宮本百合子『婦人と文学』より引用
  • だが二〇年後には別の競争相手が出現するであろう、そのことに彼は気づいた。 田中芳樹『タイタニア3 旋風篇』より引用
  • 次へ »