出演記録は見当たら

14 の用例 (0.00 秒)
  • 同社は同年4月には解散しており、同社での北岡の出演記録は見当たらない。
  • 翌1935年以降の出演記録は見当たらない。
  • 同年9月2日に公開された『夜のひとで』以降、松竹作品への出演記録は見当たらない。
  • 第二次世界大戦終結後も、ひきつづき、同撮影所で脇役を務めたが、30代となった1953年以降の出演記録は見当たらない。
  • 第二次世界大戦中は、1943年3月11日に公開された瑞穂春海監督の『家に三男二女あり』のみで、同作以降の出演記録は見当たらない。
  • 大映京都撮影所が製作し、1947年6月10日に公開された『田之助紅』に出演したが、それ以降の出演記録は見当たらない。
  • 満67歳となった1967年7月11日に公開された成人映画『快楽の罠』に出演しているが、これは戦後の京都時代につきあいのあった深田金之助が製作・監督した作品であり、本作以降の出演記録は見当たらない。
  • 第二次世界大戦終結後も、大映東京撮影所に所属したが、1946年3月7日に公開された牛原虚彦監督の『街の人気者』に満43歳で出演して以降、出演記録は見当たらない。
  • 満40歳を迎えた1935年10月15日に公開されたサウンド版『永久の愛』に「医者富谷」役で出演して以降の出演記録は見当たらない。
  • 満54歳となった翌1956年11月14日に公開された『鞍馬天狗 白馬の密使』に出演したのを最後に、以降の出演記録は見当たらず、以降の消息も不明である。
  • 松竹は、日夏の活躍を期待したが、同年4月27日、満23歳のときに公開された島津監督による『春の唄』以降の出演記録は見当たらず、その後の消息も不明である。
  • その後、マキノ正博が新しく開いたトーキーのための撮影所、マキノトーキー製作所の最末期である1936年末に、数作出演しているが、翌1937年4月の同社解散以降、新見の出演記録は見当たらない。
  • 満27歳を迎える1933年6月1日に日活が配給して公開した、京都の太秦発声映画製作によるトーキー『楠公父子』に出演した記録が残っているが、同作以降の出演記録は見当たらない。
  • 河合退社以降は、京都の御室撮影所に高村正次が設立した宝塚キネマ興行が製作・配給し、1933年1月15日に公開した『紅騎一番隊』に出演した記録があるが、以降の出演記録は見当たらない。