出演契約を結ん

15 の用例 (0.00 秒)
  • 過去には、番組単位で出演契約を結んでいたアナウンサーがいた。
  • 死の数か月前に、3本の映画出演契約を結んでいたという。
  • 半年間に3回の出演契約を結んだ。
  • 他に、前述のとおり当番組は当初、短期間での終了が予定されており、延長決定後に原田との出演契約を結んでいなかった可能性もある。
  • 三國は出演ののち、東宝と年間4本の出演契約を結んだ。
  • 当時毎日放送と専属出演契約を結んでいた森口は、この結婚を機に放送の第一線から退いている。
  • ノッツの自伝によると、グリフィスの続行意思を知った時には映画の最終契約には至っていなかったが、この好機はもうないと考えて映画出演契約を結んだという。
  • インディーズAVメーカー初の専属女優として、当時としては異例であった12本の出演契約を結んだ。
  • 彼女の語学習得度とその向上心・日本芸能界への進出意欲に対しプロダクション側は、テレビ番組との出演契約を結んだ。
  • また、スポットナレーターとして、アナウンサー以外で出演契約を結んで声優らがレギュラーのようにして主にスポット告知など出演することがある。
  • さらに、野球解説者としてラジオの野球中継で出演契約を結んできたニッポン放送・MBSも、2013年シーズンの再契約を保留となったが、当該シーズンは破棄された。
  • またCMに有名人をあまり起用してこなかったユニリーバにステイシー・キーブラー以来となるスポーツ選手として起用され、AxeのCMへの出演契約を結んだ。
  • 草創期の吹き替えの声優は、放送局の放送劇団と並んで、新劇系の劇団から起用することが多く、七曜会、三期会、新人会といった劇団がユニット出演契約を結んでいた。
  • アーイシャーはそれらの中から「Socha Na Tha」を選び出演契約を結んだ。
  • この他のいわゆる「ご覧のスポンサー」扱いの企業のうち、固定スポンサーが7-8社程度あるほか、現在放映中のドラマに出演する主たる俳優・タレントがコマーシャル出演契約を結んでいるスポンサー1-2社程度がそのドラマの期間限定で協賛する。