出来

全て 動詞 名詞
86,264 の用例 (0.01 秒)
  • さうなれば手前ももう永遠に己の苦痛を馬鹿にしてゐることは出来まい。 森林太郎『笑』より引用
  • 私は私の生活をよりよくしてきた事に充分満足する事が出来ますから。 伊藤野枝『成長が生んだ私の恋愛破綻』より引用
  • この力の支配を受けたが最後、容易にマルスの子になることは出来ない。 芥川竜之介『文芸的な、余りに文芸的な』より引用
  • 自分の力でたつ事が出来ないものは、亡びてしまうより他に仕方がない。 伊藤野枝『転機』より引用
  • 犬は二十年か二十五年になれば、もうそれ以上に生きて行く事は出来ない。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • とうていあなた様のお弟子でしたちなどと御一ごいっしょにおることは出来ませぬ。 芥川竜之介『尼提』より引用
  • しかもわしは決して其処へ帰る事の出来ない運命を負つてゐるのである。 ゴーチェ・テオフィル『クラリモンド』より引用
  • 図画の時間が出来てから学校へゆくのがたのしみになってしまいました。 上村松園『あのころ』より引用
  • 学校教練終了を幹部候補生資格の条件とするのは主義として賛同出来ぬ。 石原莞爾『戦争史大観』より引用
  • そういうふうにしなければ、読者に投ずることが出来なかったのである。 淡島寒月『明治十年前後』より引用
  • 僕は一生のどの瞬間を除いても、今日の僕自身になることは出来ない。 芥川竜之介『文芸的な、余りに文芸的な』より引用
  • 革命党になるのには、投降すればいいと思っていたが、それが出来ない。 魯迅『阿Q正伝』より引用
  • 垣だとばかり思っていたものは垣のように出来た木戸きどだったのであろう。 芥川竜之介『文章』より引用
  • 彼等は何か意見を持っているようだが、わたしは全く推測が出来ない。 魯迅『狂人日記』より引用
  • 金を儲けて人民を養つて行くと云ふ事は、工業が盛んになれば出来ます。 井上準之助『最近欧米に於ける財政経済事情』より引用
  • しかしその晩は私にとって、どこまでも運悪く出来上っていたのでしょう。 芥川竜之介『開化の良人』より引用
  • わたしはそれをいつまでも待っていたが遂に見ることが出来なかった。 魯迅『村芝居』より引用
  • それは彼にはどうすることも出来ない運命に近いものだつたであらう。 芥川竜之介『西方の人』より引用
  • 若い女王はその新らしく出来た翅を動かしたくて我慢がならないのだ。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • へむ畜生、支那チャン捕虜とりこになるやうぢやあとても日本で色の出来ねえ奴だ。 泉鏡花『海城発電』より引用
  • 次へ »