出土した埴輪

29 の用例 (0.00 秒)
  • 出土した埴輪などの資料から築造時期は5世紀第3四半期と考えられる。
  • 墳丘の形態や出土した埴輪より、5世紀後半頃に造築されたと考えられている。
  • 出土した埴輪も2004年に市の重要文化財に指定されている。
  • 同様に出土した埴輪類から、寺院建立以前に古墳や住居が存在していた可能性も推定されている。
  • 但し、出土した埴輪の特徴から、5世紀前半の築造と推定されている。
  • 築造時期は、出土した埴輪などから6世紀後半に位置付けられている。
  • 出土した埴輪や横穴式石室の特徴から、6世紀初頃の築造と考えられている。
  • 出土した埴輪の特徴から、5世紀前半の築造と考えられている。
  • 古墳の造営年代は出土した埴輪や須恵器の特徴から、6世紀の前半と考えられている。
  • 出土した埴輪や石棺の特徴から、5世紀前半の築造と考えられる。
  • 古墳の造営年代は出土した埴輪の特徴から、6世紀の中頃から後半と考えられている。
  • 出土した埴輪から6世紀前半から中頃の築造とみられている。
  • 出土した埴輪の特徴から、6世紀末頃に小見真観寺古墳に先行して築造されたとみられる。
  • 出土した埴輪の特徴から、仲ツ山古墳とほぼ同時期、5世紀前半の築造と考えられる。
  • 墳丘から出土した埴輪から、6世紀中頃の築造と推定されている。
  • 出土した埴輪などから、築造年代は5世紀後半とされる。
  • 出土した埴輪は大半が円筒埴輪だが、量は多くないものの形象埴輪の破片も出土した。
  • これらの古墳から出土した埴輪や須恵器の編年の属する時期から4世紀末頃から6世紀前半にかけての期間に、この古墳群が形成されたと推定されており、これを基に4期にわたる変遷が説かれている。
  • 当古墳は誉田山古墳の前方部側周濠の中堤に接する場所にあるが、出土した埴輪の特徴から誉田山古墳より後の時期に属すると考えられる。
  • 出土した埴輪と土師器から4世紀頃の築造と想定される。
  • 次へ »