出向く際

10 の用例 (0.00 秒)
  • テレビ局に出向く際も車ではなく、自転車と通勤電車を今でも使う。
  • 江戸の旦那衆が京都に遊びに出向く際に、芸妓への江戸土産の一つとすることが流行ったという。
  • シモンの本拠地に出向く際に9代目からツナ達の戦いへの手助けをせぬよう命じられる。
  • 購入できる場所が基本的に福島県内、あるいは福島県近辺の高速道路内売店などに限られているため、福島県民が県外に出向く際の土産品として人気が高い。
  • 永は全国各地の老人ホームへの慰問活動に力を注いでおり、ある時奈良県のとある老人ホームに出向く際に三波を誘ったところ、三波も「是非行きましょう」と快諾した。
  • 遠山が町場へ内偵に出向く際、これまでは遊び人の風貌のみだったが、この作品では様々な職種の人間に扮して内偵を進めていく点がこれまでと異なっている。
  • 佐世保中央駅は四ヶ町アーケードのすぐ側にあり、駅を出ると1分とかからずにアーケードに入ることができるため、買い物等で出向く際には中佐世保駅よりこちらが便利である。
  • 「いるか越」と呼ばれる地峡があり、かつては北灘や蒋淵村の漁民が宇和島方面に出向く際には、峠越えをしていたことから、明治中期以降幾度か掘削が構想されたが、実現しなかった。
  • 鶴瓶が特派員として出向く際は本名の「駿河学」、または老婆に扮した「駿河ツル」の名で登場していた。
  • ミサカネットワークはアレイスター=クロウリーの計画にとって重要らしく、ヒューズ=カザキリの現出のカギとなっている上、AIM拡散力場となっている学園都市以外の地域にヒューズ=カザキリが出向く際には、AIM拡散力場を拡大できる。