出口辰夫

52 の用例 (0.00 秒)
  • 川上三喜は、出口辰夫の身体を支えて、石井隆匡の賭場から出て行った。
  • このころから、出口辰夫は、喧嘩三昧の生活を送るようになり、愚連隊の世界に入っていった。
  • 昭和13年、出口辰夫は加久藤尋常小学校高等科2年を卒業した。
  • 享年34、もしくは、昭和30年1月10日、出口辰夫は病気で死去した。
  • 出口辰夫は、ここで夜学の工業高校に進学した。
  • 井上喜人は、出口辰夫の提案には賛同しなかったが、稲川角二に会うことだけは了承した。
  • 神奈川工業高校中退後、愚連隊に入り、若年の頃は、出口辰夫の舎弟だった。
  • 昭和30年1月30日、出口辰夫は病気で死去した。
  • 出口辰夫と井上喜人は、稲川角二に、稲川角二の若衆にしてくれるように頼んだ。
  • 昭和21年、出口辰夫と井上喜人は、恐喝事件により、横浜刑務所に収監された。
  • 出口辰夫は、加久藤尋常小学校高等科卒業後、すぐ上の兄とともに、横浜市鶴見区潮田に住む次兄夫婦のもとに預けられた。
  • このころから、出口辰夫は肺結核を患っており、痛みを紛らわせるために、ヘロインを常用していたと云われている。
  • 宮本広志ら石井隆匡の舎弟は、出口辰夫を殺害しようと話し合った。
  • 賭場の代貸しらは、出口辰夫と田中敬に逆らえなかった。
  • 昭和23年、出口辰夫と井上喜人の舎弟・田中敬は、一銭も持たずに浅草神社裏の旅館の2階の賭場に出かけた。
  • 井上喜人の放免祝いの席で、出口辰夫は、井上喜人に、一緒に稲川角二の舎弟になることを提案した。
  • 大正12年、出口辰夫は、宮崎県西諸県郡飯野町で生まれた。
  • 出口辰夫の負けが込んだので、石井隆匡の舎弟・宮本広志が、出口辰夫に「今日はもう回銭がなくなったので、このあたりで博打を止めた方がいいのではないか」とアドバイスした。
  • その後、横須賀市で、出口辰夫の葬儀が行われた。
  • 出所後、出口辰夫は賭場荒らしに明け暮れ、これをシノギとした。
  • 次へ »