出口翠豊

9 の用例 (0.00 秒)
  • 戦後の内弟子第一号の出口翠豊などは、それを憂慮していた。 長尾三郎『魂を彫る 鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」』より引用
  • 出口翠豊が朋琳を連れてくる約束だったが、出口から連絡がない。 長尾三郎『魂を彫る 鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」』より引用
  • 戦後の内弟子第一号は出口翠豊だったが、そういう意味では、生田師は通いの外弟子第一号だった。 長尾三郎『魂を彫る 鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」』より引用
  • 出口翠豊は一足先に九條山の工房に飛んで、若い弟子たちと、師匠の遺体を迎える準備をしていた。 長尾三郎『魂を彫る 鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」』より引用
  • 藤本陽二が松久の内弟子第一号とするなら、戦後の内弟子第一号となったのは、出口翠豊である。 長尾三郎『魂を彫る 鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」』より引用
  • 出口翠豊、今村宗円、江里康則ら内弟子の第一期生が巣立って独立したあとも、次々と内弟子が入ってきて十人を超していた。 長尾三郎『魂を彫る 鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」』より引用
  • 陣容は、松久父子と弟子の出口翠豊、今村宗円、江里康則の五人だけだったが、「現代の仏所」をつくるという大きな夢が現実のものとなってきた。 長尾三郎『魂を彫る 鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」』より引用
  • 内弟子の一人は、「定朝会」からの仏師仲間、江里宗平の息子、康則であり、あとの二人は出口翠豊、今村宗円といった。 長尾三郎『魂を彫る 鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」』より引用
  • 比叡山延暦寺執行・小堀光詮、四天王寺管長・槙場弘映、友人代表・江里宗平、弟子代表・出口翠豊が弔辞を述べたが、遺族席に真百美の姿がなかった。 長尾三郎『魂を彫る 鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」』より引用