出口眞浩

6 の用例 (0.00 秒)
  • そして選手になってからは「小林学校」の流れを受け継くような形で多くの弟子を抱え、その中から出口眞浩や佐々木龍也らが競輪選手となる。
  • 法政大学第二高等学校在学中は陸上競技を行っていたが、友人である出口眞浩の勧めにより、高校卒業後に日本競輪学校を適性試験で受験し合格する。
  • ちなみに、夫が競輪選手・妻がプロゴルファーという一家は、近年では1996年結婚の出口眞浩・松沢知加子夫婦がいる。
  • しかし同年12月には玉野競輪場で開催されたふるさとダービーも制しており、翌1994年にいわき平競輪場で開催されたオールスター競輪決勝では出口眞浩に優勝をプレゼントする形で2着に入っている。
  • そして1993年には全日本選抜競輪での特別競輪初優勝でトップ選手の仲間入りを果たし、直後に宇都宮競輪場で開催されたオールスター競輪決勝では出口眞浩らと神奈川勢による「法政二高カルテット」を結成して地元の神山雄一郎に対抗したが、最後の直線で神山に交わされ2着となった。
  • 同期に出口眞浩らがいる。