出口王仁三郎

77 の用例 (0.00 秒)
  • 明治時代における出口王仁三郎文献としては貴重な資料となっている。
  • その理論は出口王仁三郎が開いた大本などの神道系新宗教に影響を与えたとされる。
  • 他の人に、出口王仁でぐちわに三郎さんという人にも聞きましたが、誰としてはっきりといってくれた人がなかった。 倉田百三『生活と一枚の宗教』より引用
  • この捜査で指導者出口王仁三郎おにさぶろうをはじめとする主要幹部が逮捕され、三百人の信者が検束された。 大澤真幸『戦後の思想空間』より引用
  • また出口王仁三郎と接近し、昭和神聖会の創立にも参加している。
  • 霊の礎は明治38年頃、出口王仁三郎によって執筆された567冊の本の中の一冊である。
  • 大本事件の背景には、出口王仁三郎と大本が持つ政治的影響力に政府が警戒感・恐怖感を抱いたことに加え、国家神道と新宗教の間に宗教観・神話体系の相違があったことが指摘される。
  • また皇道派の思想的なリーダー北一輝と大本の出口王仁三郎の間にかなり積極的な交流があったことも確かです。 大澤真幸『戦後の思想空間』より引用
  • その人物を師とし、北一輝が身につけた霊能は、あの大本教の帝王出口王仁三郎でぐちおにさぶろうさえ舌を巻いたほど強力なものだった。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • なおの信頼を得た喜三郎は後継者と定められた出口すみと養子婿結婚して出口王仁三郎と改名した。
  • 同年8月に大本の出口王仁三郎が50万円で買収し、当時は世界的にも珍しい宗教団体発行の新聞として発行を続ける。
  • そして、やはり宗教弾圧を受けて壊滅状態にさせられた大本教の出口王仁三郎わにさぶろうらと釈放されたのは終戦後のことであった。 長尾三郎『魂を彫る 鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」』より引用
  • これは前年の3月20日にこの地を訪れた出口王仁三郎が、当時の村長・横矢球男の依頼に応じて筆をとったものを彫りつけて建立したものである。
  • まず日本でいえば大本教の出口王仁三郎などは、少数の予言狂、予言魔のうちの一人であろう。 織田作之助『終戦前後』より引用
  • 出口王仁三郎には有栖川宮熾仁親王の落胤という根強い噂があった。
  • 明治の怪人物・出口王仁三郎をイメージした「オイニー三郎」役で空から落ちてきて屁をこく重要な役を務める。
  • 古くは、出口王仁三郎が投稿していたこともある。
  • 大本教の出口王仁三郎の蒙古入り後に、張作霖に捕らえられたとき釈放に奔走した。
  • 大本の出口王仁三郎は1918年ごろ『伊都能売神論』を発表した。
  • 出口王仁三郎を曾祖父に持ち、宗教家の一族に生まれる。
  • 次へ »

出口王仁三郎 の使われ方