出口に向かう

68 の用例 (0.00 秒)
  • 出口に向かって机の間を歩いていく時、彼は誰とも目を合わせなかった。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • いつまでも教室に残っているわけにもいかず、やがて僕も出口に向かった。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第08巻』より引用
  • お互いの連絡先を交換すると、私達はゆっくり公園の出口に向かった。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • 出口に向かって殺到する観客に逆らって、私は舞台の方に進んでいった。 板東眞砂子『蟲』より引用
  • その目を無視し、彼女はココア代をテーブルに置くと、出口に向かった。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • すると、食事を終えた小林さんが、奥の席から出口に向かって歩いて来た。 江川卓『たかが江川されど江川』より引用
  • 新坂は、注文したばかりのビールをそのままにして、出口に向かった。 藤田宜永『過去を殺せ』より引用
  • もう何かを探すふうな素振りもせず、男はまっすぐに出口に向かっていた。 森瑤子『彼と彼女』より引用
  • 私はそっぽを向いて、五百フラン札を奴の掌に落とし、出口に向かった。 藤田宜永『標的の向こう側』より引用
  • 畳んで置いてあったコートを手にして、彼女は出口に向かって行く。 山本文緒『群青の夜の羽毛布』より引用
  • 戦士たちはしぶしぶ、デルからはなれ、部屋の後方にある出口に向かった。 山本弘『サーラの冒険 6 やっぱりヒーローになりたい !』より引用
  • それどころか、はつらつとした表情で晶世は出口に向かって歩きだした。 森瑤子『アイランド』より引用
  • その様子をちらりと見ると、女は居間の出口に向かって歩き出した。 小池真理子『仮面のマドンナ』より引用
  • 言葉を失った先生を残して、私は出口に向かって歩き出した。 山本文緒『きっと君は泣く』より引用
  • しばらくそうした後、お邪魔しました、といって頭を下げ、出口に向かった。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 俺は出口に向かいながらもう一度振り返って室内を眺めた。 押井守『Avalon 灰色の貴婦人』より引用
  • 崖の間のセットに立ち、中央から出口に向かって進んでいく。
  • 暗いのをいいことに、わたしたちは指をからめて出口に向かった。 夏石鈴子『バイブを買いに』より引用
  • 手を放すと、猫は点々と血の痕を残して、出口に向かって駆け去っていく。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第02巻 イグナシス覚醒』より引用
  • わたしは寂しい気持ちを抱えて、その人のあとについて動物園の出口に向かった。 大石圭『檻の中の少女』より引用
  • 次へ »